*

■原田悠里が新曲「恋女房」カラオケコンテスト決勝大会。三重県の福井久富さんが優勝

公開日: : ニュース

今年でデビュー37年目を迎え、最新シングル「恋女房」(詞・木下龍太郎、曲・原譲二)=キングレコードから9月26日発売=が好セールス中の演歌歌手・原田悠里(63)が25日、東京・浅草のCDショップ「ヨーロー堂」でカラオケコンテスト決勝大会を開いた。

原田悠里(その1)

新曲「恋女房」を課題曲にした同大会に全国から272人の応募があり、その中から厳正なるテープ審査によって選ばれた全18人がこの日の決勝大会に出場。

 審査委員長にヨーロー堂の4代目店主・松永好司さんを迎え、北島音楽出版プロデューサーの阿部不二人さん、キングレコードの原田悠里担当ディレクター・渡邉曜介さんの3人が審査員を務める中、出場者一人ひとりが日ごろから鍛えてきた自慢のノドを競い合った結果、優勝の栄冠は、福井久富さん(三重県度会町)の頭上に輝いた。

原田悠里(その2)

 また、準優勝は徳永秀也さん(千葉県浦安市)、特別賞は志村晴美さん(東京都練馬区)、山本のりこさん(三重県桑名市)がそれぞれ受賞した。

 優勝した福井さんは「この歌は、10年以上前に北島三郎さんがアルバムで歌っているのを聴いて、いい曲だなと思っていたのですが、今回、それを原田悠里さんがご自身の新曲として発売され、カラオケ大会を開くことを聞いて応募させていただきました。実は最初からあまり自信がなかったので、優勝できるなんて思ってもいませんでしたので、ただ『うれしい』の一言です」と感激もひとしおだった。

原田悠里(その3)

 審査発表前には原田がミニライブを行い、「恋女房」をはじめ、大ヒット曲から「木曽路の女」「津軽の花」など全6曲を熱唱。

その中で「今日は、私も皆さんの歌を聴かせていただきながらいろんな思いがございました。本当にお上手な方ばかりで、レベルが高い大会だったなと思います。このように皆さんが『恋女房』を勉強して、ここに臨んでくださったことに心から感謝申し上げます。私はカラオケ大会には、自信がなくて一度も出たことがないので、今日の皆さんの度胸のよさには絶対負けているなと思いながら聴かせていただきました。この歌は、元々、北島(三郎)先生が歌っていらっしゃったので、男性の歌声にもぴったりです。私が惚れ込んで歌わせていただいた歌ですので、これからも大事に歌っていきたいなという思いを強くしたひとときでした」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
氷川きよし(その2)
■氷川きよしがプロ野球「東京ヤクルト×阪神戦」で始球式。新曲「大丈夫」と応援歌「東京音頭」も披露

デビュー20周年を迎え、同記念シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シ

三山ひろし&純烈002
■三山ひろしと純烈が一日限りのスペシャルライブ。昨年の紅白のステージを再現し、純烈もけん玉に挑戦

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が主催する

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那まつりで歌唱イベント。伊那市観光大使として地元ファンらの前で新曲など4曲熱唱

デビュー24年目を迎え、通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(

福田みのる(その3)
■福田みのるが62歳の誕生日に東京・赤坂でバースデーランチショー。多くのカバー曲にもチャレンジ

最新シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(発売・徳間ジャパンコミュニ

水森かおり(その4)
■水森かおりが、人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンとデュエット曲「笑顔で遠まわり」を3人で初披露

デビュー24年目を迎え、最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる