*

■中国・内モンゴル出身のオルリコ が新曲発表会&バースデーライブ。 100人のファンとお祝いを

公開日: : ニュース

中国・内モンゴル出身、今年デビュー9年目を迎える女性歌手・オルリコ(33)が11月26日、東京・港区の六本木クラップスで新曲発表会&バースデーライブを開いた。

オルリコ(その1)

これは、今月7日に発売した2年半ぶり5枚目のシングル「砂の女」(阿木燿子作詞/宇崎竜童作曲/志熊研三編曲)の発表と、同19日に33歳の誕生日を迎え、それを記念して約100人のファンを集めて開催したもの。

 「誕生日の19日はレッスンがあったので一人さびしく過ごしましたが、その分、今日は皆さんと楽しく過ごしたいと思います」と挨拶したあと、新曲の「砂の女」をはじめ、「瀬戸の花嫁~桃色吐息~人生いろいろ」メドレーや、モンゴル伝統民謡「オルティンド」、自らのオリジナル曲のメドレーなど全10曲を披露した。

オルリコ(その2)

 「新曲は阿木燿子さん、宇崎竜童さんに実際に私のステージを見ていただいてから書いていただきました。私の故郷を思い出させるような素敵な楽曲です。イントロとラストに『オルティンド』が入っています。両先生も私の雰囲気を出して歌いなさいとおっしゃって下さったので、安心して自分なりに表現できました」と新曲を紹介した。

今後の夢は「いずれはモンゴルと日本の文化交流大使や親善大使と言われるようになりたいです」と話していた。

オルリコ(その3)

オルリコは、’10年7月「ひぐらしの坂」でデビュー、その後‘11年6月「愛されていたい」、’12年「あいたくて」、’15年「あなたのとなりには」を発売。デビュー当初からモンゴルの民族衣装や、澄んだ歌声が強烈なインパクトを放ち話題を呼んだ。
母親がモンゴル伝統舞踏家として活躍、父はモンゴル相撲の名コーチ、妹は馬頭琴奏者、叔母はモンゴル伝統民謡の第一人者という文化・芸術一家。日本で活躍する母親を頼り17歳で来日。デビュー当時から武器となっている「オルテインド」に加え、歌唱力、表現力も上がり、いよいよブレイクが期待できそうだ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
氷川きよし(その2)
■氷川きよしがプロ野球「東京ヤクルト×阪神戦」で始球式。新曲「大丈夫」と応援歌「東京音頭」も披露

デビュー20周年を迎え、同記念シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シ

三山ひろし&純烈002
■三山ひろしと純烈が一日限りのスペシャルライブ。昨年の紅白のステージを再現し、純烈もけん玉に挑戦

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が主催する

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那まつりで歌唱イベント。伊那市観光大使として地元ファンらの前で新曲など4曲熱唱

デビュー24年目を迎え、通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(

福田みのる(その3)
■福田みのるが62歳の誕生日に東京・赤坂でバースデーランチショー。多くのカバー曲にもチャレンジ

最新シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(発売・徳間ジャパンコミュニ

水森かおり(その4)
■水森かおりが、人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンとデュエット曲「笑顔で遠まわり」を3人で初披露

デビュー24年目を迎え、最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる