*

■中国・内モンゴル出身のオルリコ が新曲発表会&バースデーライブ。 100人のファンとお祝いを

公開日: : ニュース

中国・内モンゴル出身、今年デビュー9年目を迎える女性歌手・オルリコ(33)が11月26日、東京・港区の六本木クラップスで新曲発表会&バースデーライブを開いた。

オルリコ(その1)

これは、今月7日に発売した2年半ぶり5枚目のシングル「砂の女」(阿木燿子作詞/宇崎竜童作曲/志熊研三編曲)の発表と、同19日に33歳の誕生日を迎え、それを記念して約100人のファンを集めて開催したもの。

 「誕生日の19日はレッスンがあったので一人さびしく過ごしましたが、その分、今日は皆さんと楽しく過ごしたいと思います」と挨拶したあと、新曲の「砂の女」をはじめ、「瀬戸の花嫁~桃色吐息~人生いろいろ」メドレーや、モンゴル伝統民謡「オルティンド」、自らのオリジナル曲のメドレーなど全10曲を披露した。

オルリコ(その2)

 「新曲は阿木燿子さん、宇崎竜童さんに実際に私のステージを見ていただいてから書いていただきました。私の故郷を思い出させるような素敵な楽曲です。イントロとラストに『オルティンド』が入っています。両先生も私の雰囲気を出して歌いなさいとおっしゃって下さったので、安心して自分なりに表現できました」と新曲を紹介した。

今後の夢は「いずれはモンゴルと日本の文化交流大使や親善大使と言われるようになりたいです」と話していた。

オルリコ(その3)

オルリコは、’10年7月「ひぐらしの坂」でデビュー、その後‘11年6月「愛されていたい」、’12年「あいたくて」、’15年「あなたのとなりには」を発売。デビュー当初からモンゴルの民族衣装や、澄んだ歌声が強烈なインパクトを放ち話題を呼んだ。
母親がモンゴル伝統舞踏家として活躍、父はモンゴル相撲の名コーチ、妹は馬頭琴奏者、叔母はモンゴル伝統民謡の第一人者という文化・芸術一家。日本で活躍する母親を頼り17歳で来日。デビュー当時から武器となっている「オルテインド」に加え、歌唱力、表現力も上がり、いよいよブレイクが期待できそうだ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
北川裕二(その3)
■デビュー35周年の北川裕二が新曲「やめとくれ!!」カラオケ決勝大会。福島県の大波利春さんが優勝

 デビュー35周年を迎えた演歌歌手・北川裕二(65)が、キングレコード

バブリーたまみ(その3)
■ママ界のエンターテイナー、バブリーたまみがデビューCD発売前に親子たち50人の前でお披露目ライブ

いまインスタで大人気のママ界のエンターテイナー、バブリーたまみ(30)

ビリー・バンバン(その1)
■兄弟デュオ、ビリー・バンバンが50周年記念コンサート。浜口庫之助夫人・真弓さん、せんだみつお、石坂浩二らがお祝いに

1969年、大ヒット曲「白いブランコ」でデビューして今年で50周年を迎

森山愛子(その3)
森山愛子が東京・深川不動堂で新曲「尾曳の渡し」ヒット祈願&フリーライブ。ご当地ソング第2弾

今年でデビュー16年目を迎える演歌歌手・森山愛子(34)が、5月8日に

北川裕二(その3)
■北川裕二がデビュー35周年記念ディナーショー。師匠の作曲家・弦哲也さんとデュエットも披露

21枚目の最新シングル「やめとくれ!!」(詩・かず翼、曲・弦哲也、発売

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる