*

■佐々木新一が新曲「祖谷のかずら橋」カラオケコンテスト決勝大会。三重県の福井久富さんが優勝

公開日: : ニュース

今年で芸道51年目を迎え、昨年10月7日発売の新曲「祖谷(いや)のかずら橋」(発売・キングレコード)がヒット中のベテラン演歌歌手・佐々木新一(69)が13日、東京・文京区のキング関口台スタジオで同曲を課題曲にしたカラオケコンテスト決勝大会を開いた。

佐々木新一(その3)

徳島県の祖谷を舞台にしたメジャー調の明るくさわやかなふるさと演歌で、発売当初から人気を集め、大ヒットの兆しを見せている。そんな人気曲のカラオケ大会に全国から325人の応募があり、厳正なる予選審査を通過した全25人=最年少は50歳から最年長は85歳まで。そのうち女性は8人=が、この日の決勝大会に出場。

 同曲を作詞した仁井谷俊也さん、作曲の宮下健治さん、担当ディレクター・中田信也さんの3人が審査する中、出場者それぞれが日ごろから鍛えてきた自慢のノドと個性を発揮しながら競い合った。

佐々木新一(その1)

 その結果、三重県度会郡在住の福井久富さん(66)=元JR東海勤務=が優勝の栄冠を手にした。

佐々木新一(その4)

 また、準優勝は徳永秀也さん(63)=千葉・浦安市=、佐々木新一賞は門倉彬さん(85)=神奈川・大磯町=、審査員特別賞は矢間廣子さん(66)=徳島・徳島市=にそれぞれ決まった。

 優勝した福井さんは「カラオケ歴は35、6年になりますが、大病(大腸がん)を患い、8カ月前に手術をしましたので、もう大好きなカラオケで歌うのは無理かなとあきらめていました。そんなときに今回の佐々木新一さんのカラオケコンテストがあることを知り、佐々木さんは昔から大ファンでしたので思い切って挑戦させていただきました。お陰さまで体調のほうはよくなってきましたが、まさか優勝できるとは思ってもいませんでしたので、この大会で復活することできてとにかくうれしいです」と大感激。

佐々木新一(その5)

 佐々木さんは「回復されて本当によかったです。この優勝はいい薬になりましたね。これからもお元気で、好きな歌を存分に楽しんでください」と、一緒に優勝を喜び合った。

佐々木新一(その2)

 表彰式前にはミニライブを行い、大ヒット曲の「あの娘たずねて」、同「君が好きだよ」、新曲「祖谷のかずら橋」の全3曲を披露した。

 デビューして半世紀を超えるベテラン歌手だが、カラオケ大会は今回が初めてだそうで、「初めての経験なので、どんなカラオケ大会になるか楽しみにしていましたが、予想以上に皆さんのレベルが高く、しかも皆さんそれぞれに個性と味があって、僕にとってもいい勉強をさせていただきました」と話していた。

 この春には、同曲の舞台になっている徳島県の「祖谷のかずら橋」を訪れ、同地でヒット御礼イベントを行う予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる