*

テイチク80周年記念オーディション 優勝は16歳の高校生・佐々木莉子さんに!

現役女子高生が優勝!

レコード会社・テイチクエンタテインメントの創立80周年を記念して実施された新人オーディション「勝ち獲れCDデビュー」。
今年春から募集され、かつて、70周年記念アーティストとしてデビューした北山たけしさんがオーディションの宣伝部長を務めていました。
応募総数は3,836人。デモテープ審査と、全国6会場での第2次選考を経て選ばれた下は12歳から上は62歳までの精鋭12人が12月1日、都内スタジオに集合。2曲ずつ歌唱し、最終選考が行われました。
その結果、優勝は秋田県出身の高校生・佐々木莉子(ささきりこ)さん(16歳)に決定。今は、仙台市の高校に通って音楽を学んでいるそうです。

テイチクエンタテインメント80周年記念新人オーディション 優勝は佐々木莉子さん
オーディションの宣伝部長を務めた北山たけしさん、優勝の佐々木莉子さん、テイチクエンタテインメントの石橋誠一代表取締役社長

佐々木さんは「自分の歌い方や表現の仕方で優勝できたのがうれしいです」と喜びを語っていました。
テイチクの石橋誠一代表取締役社長は、「20年後、テイチクが100周年を迎える時に、会社を背負って立つアーティストになっていてほしい」と大きな期待を寄せました。
北山たけしさんも、佐々木さんを評して「音程がすごくしっかりしている。それから、持って生まれた透明感のある声が素晴らしい」と絶賛していました。
マスコミ取材が会場に入ったのは、すべての歌唱が終了し選考結果が発表される直前でしたので、皆さんの歌唱を直接聴くことはできませんでした。資料を見ると、他の皆さんが歌謡曲や洋楽などを歌っている中、優勝した佐々木さんが歌ったのは「千年樹」と「線香花火」という見慣れない曲名。テイチクのスタッフさんにお聞きしたところ、なんと一般には知られていないオリジナル曲だったそうです。佐々木さん自身の作詞・作曲ではないそうですが、音楽に取り組む意識の高さがうかがえますね。
石橋社長によると「なるべく早くデビューさせたい」とのことで、ポップス系の歌手として、早ければ来年にもデビューするかもしれません。楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる