*

原田悠里、カラオケボックスで初の「秋月の女」キャンペーン 「昼カラ」を推進!

原田悠里さんが11月30日、千葉・船橋市のカラオケの鉄人船橋店で「昼カラ」推進キャンペーンを行いました。

原田悠里 秋月の女 昼カラ推進キャンペーンその1

お昼からカラオケ=「昼カラ」

9月4日に発売された新曲「秋月の女(あきづきのひと)」は、福岡の城下町・秋月を舞台にした歌。発売2カ月以上にわたってオリコンチャートベスト10位以内をキープし続けてヒット中です。

カラオケと言えば夜が定番ですが、最近はお昼時にカラオケボックスでランチを食べながら楽しむカラオケ、いわゆる「昼カラ」が人気だそうで、新曲「秋月の女」のヒット御礼を兼ね、昼カラ推進のために同店を訪れたものです。

原田悠里 秋月の女 昼カラ推進キャンペーンその2

「皆さま、こんにちは。カラオケを愛して、演歌を愛してくださる方々の一人ひとりの視線と熱意が熱くて緊張しました。新曲『秋月の女』、(今日は)カラオケでしたが、ステージで歌うのと同じくらい丁寧に歌わせていただきました。素晴らしいこの歌をこれからも大切に大きく育てていきたいと思っています」(原田さん)

原田さんにとって、カラオケ店でのキャンペーンは初めて。千葉県内のカラオケサークルで活動している40人のメンバーたちが集まる中、同曲を披露しました。

原田悠里 秋月の女 昼カラ推進キャンペーンその3

「秋月の女」は、悲しい失恋の歌なんですが、どこか皆さんの心に温かさ、優しさが伝わるように、でも生きていく悲しさも伝わるようにこの歌を歌っていきたいです」(原田さん)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる