*

原田悠里、カラオケボックスで初の「秋月の女」キャンペーン 「昼カラ」を推進!

原田悠里さんが11月30日、千葉・船橋市のカラオケの鉄人船橋店で「昼カラ」推進キャンペーンを行いました。

原田悠里 秋月の女 昼カラ推進キャンペーンその1

お昼からカラオケ=「昼カラ」

9月4日に発売された新曲「秋月の女(あきづきのひと)」は、福岡の城下町・秋月を舞台にした歌。発売2カ月以上にわたってオリコンチャートベスト10位以内をキープし続けてヒット中です。

カラオケと言えば夜が定番ですが、最近はお昼時にカラオケボックスでランチを食べながら楽しむカラオケ、いわゆる「昼カラ」が人気だそうで、新曲「秋月の女」のヒット御礼を兼ね、昼カラ推進のために同店を訪れたものです。

原田悠里 秋月の女 昼カラ推進キャンペーンその2

「皆さま、こんにちは。カラオケを愛して、演歌を愛してくださる方々の一人ひとりの視線と熱意が熱くて緊張しました。新曲『秋月の女』、(今日は)カラオケでしたが、ステージで歌うのと同じくらい丁寧に歌わせていただきました。素晴らしいこの歌をこれからも大切に大きく育てていきたいと思っています」(原田さん)

原田さんにとって、カラオケ店でのキャンペーンは初めて。千葉県内のカラオケサークルで活動している40人のメンバーたちが集まる中、同曲を披露しました。

原田悠里 秋月の女 昼カラ推進キャンペーンその3

「秋月の女」は、悲しい失恋の歌なんですが、どこか皆さんの心に温かさ、優しさが伝わるように、でも生きていく悲しさも伝わるようにこの歌を歌っていきたいです」(原田さん)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる