*

大沢桃子 新曲「イギリス海岸」キャンペーン イギリス海岸は意外と身近な所だった!?

1月24日、大沢桃子さんが東京・浅草のCDショップ「ヨーロー堂」で、新曲「イギリス海岸」のキャンペーンを行いました。

大沢桃子「イギリス海岸」歌唱キャンペーン01

新曲「イギリス海岸」は、1月22日に発売されたばかり。

前作「ハマギクの花」にのせて登場。観客の皆さんから自然と手拍子が起こります。新曲のジャケットやポスターで着ているのと同じ、水色の着物です。

大沢桃子「イギリス海岸」歌唱キャンペーン03

大沢さんの代表曲の一つ、「南部恋唄」を歌いながら観客の皆さんと握手。一曲歌う間に最後部までまわり、なんと50人ほどいる全員と握手していました。

→「携帯で演歌」で大沢桃子さんの曲を配信中!

続いて「風の丘」、そして新曲カップリングの、いじらしい女性の気持ちを歌った「こっちを向いて」を披露。
年末からお正月にかけて約一週間、仕事も兼ねて故郷・岩手へ帰り、母親が暮らす大船渡市の実家にも寄ることができたそうです。

大沢桃子「イギリス海岸」歌唱キャンペーン04

大沢桃子さんは、自分で作詞・作曲して歌う、演歌のシンガーソングライター。

これまでに、故郷の岩手県にまつわる曲をたくさん発表しています。もちろん今回の「イギリス海岸」も大沢さんの作詞・作曲。

「皆さん、イギリス海岸というタイトルを聞くと、なんだかグローバルな感じがすると思いますが、実はパスポートがなくても行ける場所です(笑)。温泉や、最近では高校野球でも有名になった、岩手県花巻市。そこを流れる、北上川の川岸の一部をそう呼びます。郷土の詩人、宮沢賢治が名づけました。賢治がイーハトーブと呼んだ、心の理想郷のうちの一つ。賢治は実は地質学にも詳しくて、イギリスのドーバー海峡と、白い土でできた北上川流域の地質がそっくりなところから名づけたんだそうです」

宮沢賢治の作品にふれたことのある人は聞いたことがあるかもしれない地名ですね。現地の道路の標識にもちゃんと地名として表示されているそうです。
そんなイギリス海岸に銀の舟を浮かべて、夢に向かって一途に生きる女性が主人公。どっしりとした重厚感があって、エレキギターのサウンドがきいた、アレンジがとてもかっこいい曲です。歌の中には、宮沢賢治の詩で有名な「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」というフレーズも出てきます。

大沢桃子「イギリス海岸」歌唱キャンペーン02

7月18日に浅草公会堂、10月18日に横浜の関内ホールでコンサートを開くことが決定したそうです。
「今日ここにいらっしゃる皆さん親戚だと思っていますので(笑)、ぜひいらしてください」

歌唱終了後は、CD即売とサイン会を実施。実は大沢さんは書道8段という腕前。それはそれは達筆な筆使いで色紙にサインとお客さんの名前を入れていました。CDジャケットのタイトル文字も、大沢さんの筆によるものです。美しく芸術的ですね。

イギリス海岸/大沢桃子

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる