*

西方裕之 高田文夫の人気レギュラー番組とタイアップでカラオケ決勝大会開催

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , , ,

2015年1月17日、新曲「おやじのたそがれ」がロングヒット中の演歌歌手・西方裕之さんが、東京・有楽町のニッポン放送イマジンスタジオで「高田文夫プレゼンツ西方裕之『おやじのたそがれ』カラオケ大会」と銘打ったカラオケ大会の決勝大会を開きました。

201501190004

これは、同曲を作詞した放送作家・高田文夫さんがレギュラーパーソナリティーを務めるニッポン放送の人気番組「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」とのタイアップ企画によるカラオケ大会で、全国から150人を超える応募があり、その中から厳正なるテープ審査を通過した全20人がこの日の決勝大会に出場。
人気お笑いタレント・東貴博さんが司会を務め、昨年度のR―1ぐらんぷり王者・やまもとまさみさんが応援に駆けつけるという豪華なカラオケ決勝大会に、最年少は13歳から最年長は87歳まで、北は東北・福島県から南は九州・宮崎県まで、全国から出場した幅広い年齢層のカラオケ自慢たちが課題曲の「おやじのたそがれ」を歌って競い合った結果、優勝(最優秀賞)の栄冠は、佐藤かつよしさん(64)=神奈川・横浜市在住。カラオケ教室主宰=の頭上に輝きました。
また、西方裕之賞は、松永仲男さん(87)と福井久富さん(65)、キングレコード賞は望月絹子さん(55)、ビバリー昼ズ賞は上村喜信さん(65)がそれぞれ受賞。
優勝賞金の10万円を手にした佐藤さんは

「思わぬ賞だったので、本当に有り難いと思っています。相当練習しましたので、このような結果が出て本当にうれしいです」

と感激もひとしおでした。

201501190005

審査発表前には、西方さんがミニライブを行い、

「私が歌手になるきっかけはカラオケ大会です。昭和61年の秋に自分のふるさと(佐賀・唐津市)で行われたカラオケ大会で優勝して、審査員の一人、作曲家の徳久広司先生にスカウトされてデビューしました。今日は、皆さんの歌を聴かせていただきながらそのころを思い出しました」

と、デビュー前の思い出話をしながら「遠花火」をはじめ、「男の酒場」「赤とんぼ」、それに新曲「おやじのたそがれ」の全4曲を熱唱。

201501190006

「優勝された佐藤さんは、西方裕之の歌い方ではなく、自分の歌い方で歌われたのがよかったなと思います。最初の出だしが難しくて、その出だしが成功するといい流れで歌える歌なのですが、佐藤さんはその出だしがよかったですね。それに、言葉を丁寧に歌われていた。この曲はフレーズの頭がポイントになるところが多いのですが、それをわかって歌ってらっしゃるんだなと感じました。今回のカラオケ大会はレベルが高くて、どなたが優勝してもおかしくないくらい皆さんの歌は素晴らしかったです」

と話していました。
審査員を務めた高田文夫さんは

「佐藤さんの歌は、年相応の味があってよかったですね。(審査員の)4人全員が佐藤さんを選びました」

と絶賛していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる