*

【第一夜】天童よしみ、前川清、石川さゆり、小林旭……超豪華コンサート!「テイチクアワー 百歌繚乱」

超豪華コンサート「テイチクアワー 百歌繚乱」ついに開催!

以前、明日の演歌でもご紹介した超豪華コンサート・テイチクエンタテインメント創立80周年記念コンサート「テイチクアワー 百歌繚乱」。
2月12日東京・中野サンプラザで、
ついに第一夜目のコンサートが開催されました!

201402130001

「テイチクアワー 百歌繚乱」は80年の歴史と未来を2日間に凝縮した歌力(うたぢから)の祭典。テイチクエンタテインメントの総力を結集し、演歌・歌謡曲系のアーティストを中心に、2日間で47組のアーティストが出演。(12日・21組、13日・26組)
また、2日間での歌唱曲は、新旧のヒット曲のオンパレードで合計85曲にものぼります。

<第一夜 出演者>
秋川雅史
石川さゆり
入山アキ子
臼澤みさき
おおい大輔
菊地まどか
北山たけし
Kenjiro
佐野有美
島津亜矢
城之内早苗
チェウニ
天童よしみ
永井みゆき
半田浩二
前川 清
三門忠司
みずき舞
山口ひろみ
ゲスト:小林旭
特別出演:菅原都々子
(50音順)

天童よしみ、前川清、石川さゆりら出演。コンサート第一夜

そんなコンサート初日(12日)は、石川さゆりさん「津軽海峡・冬景色」、前川清さん「長崎は今日も雨だった」、天童よしみさん「道頓堀人情」、小林旭さん「熱き心に」、秋川雅史さん「千の風になって」、そして、特別出演した菅原都々子さんの「月がとっても青いから」など、それぞれが自身のヒット曲を披露。
さらに、往年のテイチクのヒット曲である石原裕次郎さんの「北の旅人」を北山たけしさん、田端義夫さんの「かえり船」を島津亜矢さんがそれぞれ歌唱。「人生の並木路」「二人は若い」「人生劇場」なども各アーティストがカバーし、披露しました。
エンディングは、2020年に開催予定の東京オリンピックに合わせ、三波春夫さんの「東京五輪音頭」を出演者全員で歌唱しました。

新人も一緒にステージに!

また、昨年開催された「テイチクエンタテインメント創立80周年記念新人オーディション」で3836人の応募の中からグランプリを獲得し、今年の夏にCDデビューを予定している、秋田県出身の女子高校生・佐々木莉子さん(16歳)もステージ上で紹介されました!今回、歌唱はありませんでしたが、「一球入魂で頑張ります!」と今後の活動に対し気合充分のコメントを残しました。

菅原都々子さんも出演

今回のコンサートに特別出演した菅原都々子さん。
「今日のステージに立っている喜びを感じ心を込めて歌います。歌手生活78年目の集大成を出せるよう頑張ります」
12日(菅原さんは両日出演)のステージへの意気込みを語りました。さらに、
「初代のテイチクの社長さんに可愛がっていただいて「都々子は絶対よそへ(他のレコード会社)やってはいけない」と言ってもらってたことで今日の私があるのだと思います」
とテイチクの初代社長への感謝を語りました。

前川清さんの爆笑トークも

この日、2200人の観客で会場は満席。コンサートは約3時間あり、歌もトークもたっぷりの非常に楽しいステージでした!!お客さんたちも圧巻のステージに見入っていたように思います。
歌はもちろん、どの歌手の方も素敵でした!が!歌以外の部分も充実したステージだったのが、この「テイチクアワー 百歌繚乱」。司会・徳光和夫さんと各歌手とのトークや、人気急上昇中のお笑い芸人・どぶろっくのネタ披露、そして、私の印象に深く残ったのは前川清さんのMC!司会の徳光和夫さんに代わり、1人、ステージで爆笑トークを繰り広げていました! 長時間観覧しているお客さんを気遣い「息抜きに体操しましょう!」と客席を明るくし、前川さんが先導して体操を始めるなんて場面も。お客さんもいい気分転換になり、最後まで楽しく観ることができたのではないでしょうか。前川さん、すごいです!
また、トークでは開催中のソチオリンピックの話題も。若い人たちのパワーに感服されているようで、この日紹介されたKenjiroさんら新人たちにも大きな期待を寄せていました。

歌はもちろんのこと、テイチクの歴史の深さや、所属歌手たちの和気あいあいとした雰囲気を感じることができる、まさに超豪華なコンサートでした。
第二夜目はどんなステージになるんでしょうか…?
もちろん、「明日の演歌」では第二夜のレポートも掲載予定♪ぜひお楽しみに~!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その2)
■水森かおりが第26弾「水に咲く花・支笏湖へ」の舞台、北海道・支笏湖で新曲発売記念イベント。支笏湖にヒメマスの稚魚を放流

デビュー23年目を迎え、3月20日発売の第26弾シングル「水に咲く花・

辰巳ゆうと(その5)
■20歳の現役大学生演歌歌手・辰巳ゆうとが、歌の原点・赤羽で限定100人のファンと初めてのふれあいイベント

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチコピーに今年1月17日にビクターエ

大川栄策(その4)
■大川栄策が「大川栄策歌謡塾」主催による2回目のカラオケ発表会&ショー。歌唱指導も披露

今年でデビュー50周年を迎え、100枚目のニュー・シングル「夜霧の再会

杉山清貴(その3)
■杉山清貴がデビュー35周年を記念して東京・日比谷野音でオメガトライブが再集結

キングレコードから5月16日にニュー・アルバム「MY SONG MY 

山内惠介(その3)
■山内惠介がセルフプロデュースによる熱唱ライブツアーの初日を浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーで一人芝居も

昨年は「NHK紅白歌合戦」に3年連続出場を果たし、デビュー18年目を迎

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる