*

【第二夜】川中美幸、山本譲二、増位山太志郎……超豪華コンサート!「テイチクアワー 百歌繚乱」【最終日】

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース, 取材裏話 , , , ,

超豪華コンサート「テイチクアワー 百歌繚乱」2日目最終日

201401240001

第一夜目に続きテイチクエンタテインメント創立80周年記念コンサート「テイチクアワー 百歌繚乱」の2日目最終日が開催され、川中美幸、山本譲二、増位山太志郎を始めとした豪華全26組が出演、44曲が披露された。
特別ゲストに綾小路きみまろ、杉良太郎を迎えた。

テイチクエンタテインメント創立80周年記念コンサート
「テイチクアワー 百歌繚乱」
<第二夜 出演者>
秋山涼子
あさみちゆき
及川清三(民謡)
大泉逸郎
上杉香緒里
KANA
川中美幸
木原たけし
小桜舞子
チャン・ウンスク
西崎 緑
清水博正
すぎもとまさと
野村将希
浜 博也
藤野とし恵
増位山太志郎
松原健之
三田りょう
杜このみ
山本譲二
山口瑠美
湯原昌幸
※50音順

ゲスト:綾小路きみまろ 杉良太郎

特別出演:菅原都々子

人気曲からのスタート

2日目は、川中美幸は「ふたり酒」、大泉逸郎は「孫」、山本譲二は「みちのくひとり旅」の豪華な人気曲からスタートし、観客を惹きつけていく。
その後、テイチク創業期の歴史とエピソードを振り返りながら、往年の名曲を、現役歌手らがカバーし歌い上げた。
増位山太志郎はディック・ミネの「人生の並木道」を、上杉香緒里が美ち奴「あゝそれなのに」、チャン・ウンスクは菊地章子「星の流れに」、最後に山本譲二が楠木繁夫「人生劇場」を歌い上げた。

新旧織り交ぜた多彩な楽曲群

すぎもとまさとはKANAと共に「時間よ止まれ」を披露。その後、名曲「吾亦紅」を披露。観客の期待も大きかったようで、大きな喝采が起こっていた。
また、テイチクの誇る二人の大スターをベテラン勢がカバーする場面も。石原裕次郎の「北の旅人」を野村将希、三波春夫の「チャンチキおけさ」を川中美幸が歌い上げた。川中美幸は、石原裕次郎、三波春夫と直に触れ合ったエピソードを披露する場面もあった。

特別ゲスト:杉良太郎

歌手、俳優活動だけでなく、様々な社会貢献も積極的に行っている杉良太郎が「神様からの手紙」を披露。2月10日に安倍晋三首相から、東南アジア諸国連合(ASEAN)の文化交流に貢献したとして、感謝状を渡されたニュースが記憶に新しい。
また「神様からの手紙」は、11月に開催したASEAN音楽祭で初披露、このテイチクアワーが2回目の歌唱であるエピソードを語っていた。

フィナーレは、やはりこの人

その後、2日にわたるテイチクアワーもいよいよ佳境へ。増位山太志郎が「夕子のお店」、山本譲二が「放浪酒」、川中美幸が「祇園のおんな」と、それぞれの新曲を歌い上げた。
そして最後のフィナーレを飾るのは、やはり菅原都々子。「月がとっても青いから」を披露し、歌手生活78年目の集大成を感じさせた。途中からは、総勢26組がステージに揃い歌唱し、2日間に渡る超豪華コンサートを締めくくった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる