*

■坂本冬美が新垣隆氏のピアノ演奏で30周年記念シングル「愛の詩 ピアノver」を公開レコーディング

公開日: : ニュース

今年でデビュー30周年を迎え、1月20日発売のオールタイムベストCD「道」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌手・坂本冬美(48)が16日、東京・千代田区のサウンドインスタジオで、いま話題の作曲家でピアニスト・新垣隆氏(45)のピアノ演奏による新曲「愛の詩(うた) ピアノver.」の公開レコーディングを行った。

坂本冬美(その1)

30周年記念シングル「北の海峡/愛の詩」(両A面シングル)=「北の海峡」(詞・たかたかし、曲・岡千秋)は、スケール感のある本格演歌。「愛の詩」(詞・たかたかし、曲・新垣隆)は、現代音楽の作曲家である新垣隆氏が坂本のために書き下ろした初の歌謡曲作品=を3月2日に発売するが、その「愛の詩」の新垣隆ピアノ演奏バージョン(4月から配信予定)のレコーディングを報道陣に公開したもの。

新垣氏のロマンティックな華麗なテクニックによるピアノ演奏で、同ラブソングを語りかけるようにやさしく歌い上げた坂本は「デビューして初めての公開レコーディングですし、同録自体も初めてなのですごく緊張しました。この曲は、聴けば聴くほど、歌えば歌うほどジーンときますし、さりげなくふっと入ってきて、余韻がいつまでも残るんです。新垣さんのさりげなく寄り添ってくれるような、いままで私が歌ってきた演歌・歌謡曲にはないようなメロディーラインでして、それがすごく心地いいんです。最初は、演歌・歌謡曲の中にはないメロディーの流れに、いい意味での違和感がありましたが、何度も歌っていくうちに心地よく歌えるようになりました。本当に素晴らしい曲です。これからはぜひ歌謡曲も作ってください」と絶賛。

坂本冬美(その2)

新垣氏との初コラボは、坂本が「30周年の記念シングルなので、何かサプライズ的なものをということで、うちの事務所の社長から『現代音楽の作曲家の新垣隆さんに歌謡曲の作曲を作っていただいたら面白いでのは…』と言われてお願いした」ことから実現したもので、「お忙しい中、快く引き受けてくださってうれしいです」とニッコリ。

歌謡曲の作曲は初めてという新垣氏は「ふだんは現代音楽を作っているので、歌謡曲は非常に難しかったですし、私にとっても挑戦でした。冬美さんの声そのもののイメージ、たかたかし先生の言葉一つひとつを丹念に描いていくとこういう情景になり、女性の気持ちになったというそんな世界がこの作品になりました。冬美さんの持ち味を最大限に生かせるようなメロディーにしました」と、その出来栄えに満足そうだった。

坂本冬美(その3)

2人が会うのはこの日が2度目だそうだが、「本当にいい方でして、そのいい方というのがメロディーの中に十二分に入っていますし、ピアノのあのやさしいタッチにものすごく繊細でやさしい方なんだと感じました。この曲は大切に歌っていきたいですし、ぜひ大ヒットさせたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる