*

■水森かおりが新潟・越後を舞台にした新曲「越後水原」を公開レコーディング。発売は3月29日

公開日: : ニュース

今年でデビュー21年目を迎え、シングル「大和路の恋」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がロングヒット中の演歌歌手・水森かおり(42)が9日、東京・文京区のキング関口台スタジオで、2016年の新曲「越後水原(すいばら)」(作詩・伊藤薫、作曲・弦哲也、編曲・前田俊明)の公開レコーディングを行った。

水森かおり(その1)

今度の新曲は、「大和路の恋」の奈良・大和路から新潟・越後に舞台を移し、恋に破れた女のひとり旅をテーマに、せつない女心をマイナー調のメロディーに乗せて歌ったスケール感のある重厚な演歌作品だ。

 この日のような公開レコーディングはデビュー21年目にして初めてだそうで、持ち前の歌唱力で歌の主人公のせつない女心を切々と歌い上げた後、「何しろ初めての経験でしたので、すごく緊張しました。最初はどこを向いて歌ったらいいか戸惑いました」。

水森かおり(その2)

 「ご当地ソングの女王」として、これまでに北は北海道から南は沖縄まで、さらに海外はハワイなど数々の〝ご当地〟を歌ってきたが、今回は、「越後水原」(新潟県阿賀野市)を舞台にした作品で、白鳥の渡来地でもある「瓢湖」がある場所として全国的に知られている。

 楽曲について水森は「ここ数年は、笑顔で歌う前向きな女性の歌が多かったのですが、今回はせつな過ぎるぐらいせつない歌でして、『東尋坊』や『鳥取砂丘』といった歌手として大きな転機となった作品のような世界観にまた戻ったのかなという気がしています。ですからまたあのころの気持ちを思い出して、がむしゃらに歌っていきたいなと思っています」

 「『鳥取砂丘』のようなヒットの予感はしますか?」という記者からの質問には、「そればかりはよくわかりませんが、たくさんの方々に届くよう頑張って歌っていきたいですね。昨年は20周年という大きな節目を最高の形で締めくくることができ、最後(13年連続「NHK紅白歌合戦」出場)は羽ばたいて終わったので、今年も羽ばたける1年にしたいですし、また新人に戻った気持ちで―毎年、振り出しに戻ってゼロからのスタートだという気持ちはあるんですけれど―それ以上に新人のつもりで、がむしゃらに全国をキャンペーンで回りたい」と、新曲の大ヒットに意欲を燃やしていた。

水森かおり(その3)

この後、2月11日に名古屋・愛知県芸術劇場、同13日に大阪・フェスティバルホール、同21日に東京・東京国際フォーラムの3カ所で「長良グループ 演歌まつり2016」が開催され、その3公演に山川豊、田川寿美、氷川きよしらと共演。

新曲「越後水原」は3月29日に徳間ジャパンコミュニケーションズから発売。ジャケット・カップリング曲の異なるAタイプ・Bタイプの2種類でリリースされる。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる