*

歌手生活50周年を迎えた古都清乃が、新曲「命船」を公開レコーディング。来年1月1日に発売

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 ニュース

国民栄誉賞受賞の故作曲家・吉田正さんの門下生で、同氏作曲の「和歌山ブルース」などのヒットで知られ、今年で歌手生活50周年を迎えた演歌歌手・古都清乃(68)がこのほど、東京・渋谷区のビクタースタジオで新曲「命船」(詞曲・水野正人)=ビクターエンタテインメントから来年1月1日発売=の公開レコーディングを行った。

古都清乃(その1)

前々作「まよい船」、前作「ふたり船」につづく「船シリーズ」の第3弾で、3作とも彼女が尊敬する水野正人氏が作詞・作曲。今度の新曲は、歌手生活50周年の集大成となるニュー・シングルだ。

 同曲を書き下ろした水野氏は「古都清乃の最後の作品のつもりで書き上げました。彼女は50年も歌ってきたベテラン歌手ですし、『和歌山ブルース』という大ヒット曲もありますが、その曲を超えるヒットになるよう初心に戻って頑張って歌っていってほしいですね」と期待を寄せる。

古都清乃(その2)

 古都は「50周年の記念曲をいただいたわけですが、この『命船』は水野先生が私の最後の作品のつもりで精魂込めて書いてくださったので、私も『これが最後の作品だ』という覚悟で歌わせていただこうと思っています。自分の歌手人生に命をかけるのに値するくらい素晴らしい作品だと思っていますし、今日のレコーディングでは、そういった覚悟を持って歌わせていただきました」と意欲満々だ。
 歌手、作家とも同作品に全力を傾けて取り組んだというだけあって、これまで以上の出来映えといっても過言ではない。

 「ふるさとを持っている人でしたらどなたにも共感して聴いていただける歌だと思いますし、水野先生もそういう気持ちでお書きになったそうです。私は小さいときに両親を亡くして苦労してきましたが、先生もご両親を亡くして私以上に苦労されたそうでして、この歌詞の中に『遠くに見える 故郷(ふるさと)よ 逢える嬉しさ 生きがいに』というフレーズがありますが、そこを私が歌うと先生は涙を流されるんですね。先生の涙を見て、改めて先生はそういうお気持ちで作られたんだな。だからもっともっと私が上手に表現しないとこの歌は生きてこないなと、肝に銘じてレコーディングさせていただきました」

古都清乃(その3)

 50年歌ってきて、「いい時代の歌謡界を過ごさせていただきましたが、ここ10年ぐらい前から厳しい歌謡界になり、CDもなかなか売れない中、毎年、新曲を出させていただけるのは本当に幸せです」と振り返りながら「今度は新たな半世紀に向かって、初心に戻って、この新曲がヒットするまで全国をくまなくキャンペーンで回ろうと思っています。そして、『和歌山ブルース』を超える大ヒットにし、平成の代表曲にしたいですね」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる