*

歌手生活50周年を迎えた古都清乃が、新曲「命船」を公開レコーディング。来年1月1日に発売

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 ニュース

国民栄誉賞受賞の故作曲家・吉田正さんの門下生で、同氏作曲の「和歌山ブルース」などのヒットで知られ、今年で歌手生活50周年を迎えた演歌歌手・古都清乃(68)がこのほど、東京・渋谷区のビクタースタジオで新曲「命船」(詞曲・水野正人)=ビクターエンタテインメントから来年1月1日発売=の公開レコーディングを行った。

古都清乃(その1)

前々作「まよい船」、前作「ふたり船」につづく「船シリーズ」の第3弾で、3作とも彼女が尊敬する水野正人氏が作詞・作曲。今度の新曲は、歌手生活50周年の集大成となるニュー・シングルだ。

 同曲を書き下ろした水野氏は「古都清乃の最後の作品のつもりで書き上げました。彼女は50年も歌ってきたベテラン歌手ですし、『和歌山ブルース』という大ヒット曲もありますが、その曲を超えるヒットになるよう初心に戻って頑張って歌っていってほしいですね」と期待を寄せる。

古都清乃(その2)

 古都は「50周年の記念曲をいただいたわけですが、この『命船』は水野先生が私の最後の作品のつもりで精魂込めて書いてくださったので、私も『これが最後の作品だ』という覚悟で歌わせていただこうと思っています。自分の歌手人生に命をかけるのに値するくらい素晴らしい作品だと思っていますし、今日のレコーディングでは、そういった覚悟を持って歌わせていただきました」と意欲満々だ。
 歌手、作家とも同作品に全力を傾けて取り組んだというだけあって、これまで以上の出来映えといっても過言ではない。

 「ふるさとを持っている人でしたらどなたにも共感して聴いていただける歌だと思いますし、水野先生もそういう気持ちでお書きになったそうです。私は小さいときに両親を亡くして苦労してきましたが、先生もご両親を亡くして私以上に苦労されたそうでして、この歌詞の中に『遠くに見える 故郷(ふるさと)よ 逢える嬉しさ 生きがいに』というフレーズがありますが、そこを私が歌うと先生は涙を流されるんですね。先生の涙を見て、改めて先生はそういうお気持ちで作られたんだな。だからもっともっと私が上手に表現しないとこの歌は生きてこないなと、肝に銘じてレコーディングさせていただきました」

古都清乃(その3)

 50年歌ってきて、「いい時代の歌謡界を過ごさせていただきましたが、ここ10年ぐらい前から厳しい歌謡界になり、CDもなかなか売れない中、毎年、新曲を出させていただけるのは本当に幸せです」と振り返りながら「今度は新たな半世紀に向かって、初心に戻って、この新曲がヒットするまで全国をくまなくキャンペーンで回ろうと思っています。そして、『和歌山ブルース』を超える大ヒットにし、平成の代表曲にしたいですね」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大月みやこ(その2)
■大月みやこがペンギンたちの前で新曲「流氷の宿」発売イベント。自らプロデュースした「流氷ビール」も披露

今年でデビュー53年目を迎え、「平成29年春の叙勲」で「旭日小授章」も

ごぼう先生(その4)
■ごぼう先生が敬老の日イベント。毒蝮三太夫がPR隊長として応援に駆けつけ、シニアと一緒にイス体操

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のお兄さん」としてシニア世代の

中村美律子(その1)
■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレ

秋元順子(その3)
■秋元順子が「秋の全国交通安全運動北区民のつどい」で交通安全をPR。ミニライブで全6曲披露

13枚目のニュー・シングル「夢のつづきを…」(詞曲・花岡優平)が好セー

市川由紀乃(その3)
■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる