*

海峡みさき 「女の波止場」で4月22日デビュー!公開レコーディング

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

2015年1月21日、茨城・守谷市出身の演歌歌手・海峡みさきさんが、シングル「女の波止場」でビクターエンタテインメントから4月22日にデビューすることが決まり、都内のスタジオで公開レコーディングを行いました。

201501210003

小さいころから歌が大好きで、いまから10年ほど前からカラオケを始め、伍代夏子さんや藤あや子さん、古都清乃さんらの歌を聴いているうちに華やかな歌の世界にあこがれるようになり、「いつか自分もプロ歌手になってみたい」とCDデビューを目指していました。
そんな夢に向かって歌の練習を続けていたが、なかなかチャンスに恵まれず、あきらめかけていたところ、昨年10月、地元で開催の秋祭りでカラオケで歌っていた彼女の歌を聴いていた作詞・作曲家の水野正人さんの目に止まり、その場で「歌手になってみないか」と言われてスカウトされ、長年の夢を果たすことになったもの。
スカウトされてからは同氏の厳しいレッスンが連日続いたが、それに必死に耐えながら歌唱力を鍛え、ようやく水野氏の合格点が出てレコーディングに臨むことになりました。
201501210001
デビュー曲「女の波止場」は

「好きな人と別れて、悲しくて苦しくて、毎日、波止場で泣いているという女性のせつない気持ちをうたった作品です」

と紹介しながら

「好きな人と別れた女性の悲しくてせつない思いをうたった曲ですけれども、私の歌を聴いて、どんなに悲しくても苦しくても、一生懸命、頑張って生きていけば必ず明るい未来がやってくるんだという気持ちになっていただけたらうれしいですね」

とアピール。
尊敬する歌手は、吉田正門下生として「和歌山ブルース」などをヒットさせた古都清乃さんだそうで、

「昔から古都清乃さんの大ファンなんです。その大先輩の古都清乃さんが所属しているのが水野正人先生の事務所(水野プロモーション)とお聞きし、そこに所属させていただけることになって本当に夢のようです」

一流のスタジオミュージシャンによるダイナミックなサウンドに乗って歌入れのレコーディングのほうも無事、終了し、

「このデビュー曲ももちろんですが、私の歌を聴いてくださった方々が、その曲の世界の主人公の気持ちになっていただけるような、そんな歌をこれからも歌っていきたい」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる