*

真木柚布子 新曲「夜叉」発売記念&25周年を締めくくるディナーショー

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

11月28日、11月26日にキングレコードからニューシングル「夜叉」を発売した演歌歌手・真木柚布子さんが、東京・文京区のホテル椿山荘東京で、新曲発売記念と25周年を締めくくるディナーショーを開きました。

201411280001

「ここ2、3年は、歌を語り、人生を演じ、はかなさを舞うという3つの言葉をモットーとしてこれからの真木柚布子をどのように聴かせていくかを考えてきまして、今年に入ってから少しずつそのスタートができてきたかなと思っています。今回のディナーショーは、単なるディナーショーではなくて、夜叉のイメージを出すためにどうしてもセットが必要だということで、あえてバンドを使わないステージにしました。MCを少なくし、ストーリー性を持たせた構成になっていまして、ステージも3カ所作り、どこの席からも楽しんでいただけるような配置になっていますので、見に来てくださった皆さん全員に最後まで楽しんで帰っていただきたいですね」

会場には400人を超える熱烈なファンが詰めかけ、夜叉の面をかたどったオブジェがステージのバックを飾る中、新曲「夜叉」をはじめ、「渚のビギン」「大阪マンボ」「下北半島」「雨の思案橋」、それに前作シングル「越佐海峡~恋情話」など全22曲を熱唱。
また、三味線の難曲にも果敢にチャレンジし、オープニングから息もつかせぬ見どころ満載のバラエティーに富んだ構成で約2時間にわたって存分に楽しませました。

201411280002

今回のディナーショーは、歌手生活25年を締めくくるステージにもなりましたが、

「来年が歌手生活26年目になるんですが、実は私は女優からスタートしまして、16歳で芸能界に入ってちょうど40周年になります。いままで頑張ってこられたのも応援してくださるファンの皆さまのお陰だと心から感謝していますし、ここまで来たからこそこれからの真木柚布子はいろんな幅をお見せできる歌い手になれるんじゃないかなと、自分に期待しながら来年も歌っていきたいですね。来年は、ちょっと変わったコンサートを企画中です」

と話していました。

201411280003

新曲は

「新しい意味での演歌らしい歌謡曲といえるような作品なんじゃないかなと思っています。コブシを回せないような方たちにも歌えます。私が地声だけで歌っている曲はほとんどなくて、たいていはファルセットを使ったりして歌ったりすることが多いのですが、今回は全くファルセットを使わずに、地声だけで歌っていますし、キーの幅もそんなにないので、ぜひ皆さんに挑戦して歌っていただきたいですね」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる