*

真木柚布子 新曲「越佐海峡~恋情話」カラオケ決勝大会

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース

10月4日、演歌歌手・真木柚布子さんが、東京・文京区のキング関口台スタジオで、新曲「越佐海峡~恋情話」(キングレコードから4月9日発売)を課題曲にしたカラオケコンテストの決勝大会を開きました。

201410060005

全国から625通の応募があり、その中から厳正なテープ審査で選ばれた全22人がこの日の決勝大会に出場。
新曲を作詞した下地亜記子さん、同作曲の弦哲也さん、同編曲の前田俊明さん、それに担当ディレクターの中田信也さん(キングレコード)の4人が審査員を務める中、出場者それぞれが日ごろから鍛えてきた歌唱力を存分に発揮しながら同じ課題曲で優勝を競い合いました。
その結果、優勝の栄冠は、神奈川・川崎市在住の佐々木均さんの頭上に輝きました。準優勝は越田幸子さん(千葉・印西市)、審査員特別賞は三好今日子さん(愛媛・松山市)が受賞。
201410060006
また、審査結果の発表前にミニライブを行い、前々作シングル「雨の思案橋」をはじめ、前作シングル「北の浜唄」、新曲「越佐海峡~恋情話」、それに同カップリング曲「大阪ブギウギ」の全4曲を熱唱した真木さんは

「(審査員ではない)私も皆さんの歌を聴かせていただきながら点数をつけていたのですが、皆さん、それぞれにいいところがあったので、審査員の先生方も甲乙つけがたかったのではないかなと思います。点数? 私がつけた順位とほぼ合っていました(笑)。皆さん、それぞれ個性が出ていて、こんな歌い方もあるのかなと、私自身もいろいろと勉強させていただきました」

と感想を述べました。
優勝した佐々木さんは

「これまでに何度もカラオケ大会に出場し、優勝したことは何度もありますが、女性の歌で優勝できたのは初めてなので感激しています。それに、真木柚布子さんにお会いできてうれしかったです。この楽曲を初めて聴いたときは、いい歌だなと思いましたし、自分にも合っているかなと思って今回のカラオケ大会に挑戦させていただきました」

とうれしそうでした。

201410060004

新曲について真木さんは

「これがシングル50作目になります。内容的には、とてもつらくて寂しい歌なんですけれども、曲調のやわらかさで、日本海の荒々しさが全くなく、おだやかな日本海の、そして佐渡のおだやかさが十分に出ている作品なので、あまり煮詰まった感じで歌っては駄目だと思い、逆に笑顔を出すくらいの気持ちで歌っています。いままでの私の作品にはなかったタイプの歌なので、今回の歌でまた一つ違う真木柚布子を作ることが出来たのではないかなと思います」

と話していました。

来る11月28日に、25周年を締めくくるディナーショーを東京・文京区のホテル椿山荘東京で開催。
11月26日には、ニュー・シングル「夜叉」(詞・下地亜記子、曲・弦哲也)が発売。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる