*

坂本冬美が大ヒットシリーズ第6弾「Love Songs Ⅵ」発売記念ライブ。話題の「片想い~」初披露

公開日: : ニュース

最新シングル「風うた」がロングセラー中で、大みそかの「NHK紅白歌合戦」に今年で27回目の出場を決めた演歌歌手・坂本冬美(48)が、「Love Songs」と銘打った大ヒットシリーズの最終章となる第6弾アルバム「Love Songs Ⅵ~あなたしか見えない~」をユニバーサルミュージックから11月25日に発売したのを記念して24日、東京・渋谷区のけやきホールでスペシャルクリスマスライブを開いた。

坂本001

同アルバムは、2009年1月発売のシングル「また君に恋してる」の大ヒットに端を発して、同年10月に初のJ―POPのカバーソングアルバム「Love Songs~また君に恋してる~」を発売。それが大ヒットして以来、シリーズ5作を発売し、トータルで70万枚突破を記録。

 今回の新作は、シリーズ第6作目で、1960年代に日本で和製ポップスとして流行した洋楽曲をカバー。全12曲が収録され、ラストトラックにトータス松本とデュエットした「L―O―V―E」が入っていて、好評を博している。そのアルバムを購入した人の中から約3000通の応募があり、抽選で150人を招待し、一夜限りのプレミアムライブを行うことになったもの。

坂本002

 「3000通の応募というのはすごいですね。今回のライブでは、いま『いいちこ』のTVCMで流れている『片想いでいい』を初めてステージで歌わせていただきますが、この曲は6分ぐらいあって、途中で切ることができませんので、もしかしたら(ステージで歌うのは)これが最初で最後になるかも…。この曲はゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが作詞・作曲された名曲ですが、鬼龍院さんからは『お好きなように歌ってください』と言われていますので、今日はじっくりとファンの皆さんに聴いていただきたいですね」
 150人の熱烈なファンが詰めかける中、同アルバムからザ・ピーナッツの「情熱の花」をはじめ、「砂に消えた涙」「雪が降る」「悲しき雨音」、それに大ヒット曲「また君に恋してる」など全14曲を熱唱。アンコールの最後では、11月下旬から焼酎「いいちこ」のTVCMとしてオンエアされ、問い合わせが殺到中の「片想いでいい」(いいちこTVCM2015麹プロジェクト篇)=前日から配信スタート=を初披露し、最後まで満員のファンを楽しませた。

坂本冬美(囲み)

 その中で「この『Love Songs』シリーズは、最初のころから押さえて歌え、感情を入れるな、演歌っぽくなるな、ためるなというふうにディレクターから言われて私なりに葛藤がありました。最初のころは、ぶつかり合いのレコーディングでもありました。でもようやくいまになって、こういうふうに言っているんだということが少しわかってきて、この6年間で本当にいい勉強をさせていただきました」と話していた。
 来年1月20日には、デビュー30周年メモリアルイヤーのリリース第1弾として「『道』~坂本冬美30周年記念オールタイムベスト~」が発売。「この『Love Songs』シリーズは今回で終了しますが、来年は30周年ですので、また新たな気持ちで頑張っていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり(その4)
■デビュー30周年の香西かおりが思い出の東京・日枝神社で新曲「わすれ花」ヒット祈願

今年でデビュー30周年を迎える演歌歌手・香西かおり(53)が、4月19

神野美伽(その1)
■神野美伽が大阪・ 梅田クラブクアトロ5周年に登場。演歌とロックの融合で会場沸かせる。先輩ペギー葉山さんの歌も披露

演歌歌手・神野美伽(51)が4月18日、大阪・大阪市の梅田クラブクアト

沢田知可子(その2)
■沢田知可子が心のふるさと、新潟・長岡市で30周年記念コンサート。岡本真夜がサプライズでお祝いに

ミリオンヒット曲「会いたい」などで知られるシンガー・ソングライター、沢

夜桜演歌まつり(その3)
■18回目の長良グループ「夜桜演歌まつり」が東京・荒川区で開催。山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしら全10組が出演

長良グループが主催する、演歌活性化のための一大イベント「第十八回・長良

CDジャケ写「この音とまれ!」
■大人気漫画の箏曲バーチャルCD「この音とまれ!」が出荷枚数1万枚突破と異例の大ヒットに

2012年9月号より「ジャンプSQ.(ジャンプスクエア)」(集英社)に

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる