*

■坂本冬美が東京・明治座で15年ぶりの単独座長公演。芝居は役者・歌右衛門を熱演。10月5日発売のニュー・アルバム「ENKA」の収録曲も披露

公開日: : ニュース

デビュー30周年を迎え、新曲「女は抱かれて鮎になる」(TBS系金曜ドラマ「神の舌を持つ男」主題歌)=ユニバーサルミュージックから8月17日発売=がヒット中の演歌歌手・坂本冬美(49)が1日、東京・中央区の明治座で「歌手生活30周年 坂本冬美特別公演」(10月26日まで)と銘打った座長公演の初日の幕を開けた。

%e5%9d%82%e6%9c%ac%e5%86%ac%e7%be%8e%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

座長公演は、2014年の大阪公演以来、2年ぶりで、明治座での単独座長公演は、2001年のデビュー15周年記念公演以来、15年ぶり。

 芝居と歌の2本立てで、第1部の芝居「新版 女の花道」は、18年前に上演した「女の花道」の新版で、勝野洋、葉山葉子、青山良彦、おりも政夫、森山愛子らが共演。

%e5%9d%82%e6%9c%ac%e5%86%ac%e7%be%8e%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

坂本が扮する江戸時代の人気役者・加賀屋歌右衛門が目を患い、芝居ができなければ生きている意味がないと悲観して命を絶とうとするところを医師・土生玄碩(勝野洋)に助けられ、後日、今度は土生が窮地に立たされているところを救って恩を返すという感動的な物語を熱演。

 続く第2部の歌謡ショー「オンステージ 艶歌(うた)の花道」は、和太鼓の演奏からスタートし、「あばれ太鼓」を歌ってから「この明治座では、藤あや子さんや五木ひろしさんの公演でご一緒させていただいていますが、単独では15年ぶりの座長公演になります。まだ初日ですが、もう千秋楽を迎えたような気がします(笑)。今回、おりも政夫さんがお稽古中に虫垂炎で手術をなさいまして、いま一生懸命リハビリ中です。元気になられたら舞台に帰ってくると言っていただいていますが、その代役を高井清史さんが務めてくださっています。たった一日でおりもさんの台詞を全部覚えられたそうで、役者さんってすごいなと思います。今日は最後まで精いっぱい務めさせていただきます。3階まで届くようにしっかり歌います」と笑顔であいさつ。

%e5%9d%82%e6%9c%ac%e5%86%ac%e7%be%8e%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

 続いて「祝い酒」「また君に恋してる」「北の海峡」「女は抱かれて鮎になる」「夜桜お七」など全12曲を熱唱。

 その中で、10月5日発売のニュー・アルバムで、演歌の名曲をカバーした「ENKA~情歌~」から「石狩挽歌」「大阪しぐれ」「愛燦燦」の3曲を披露。 
そのアルバムについて「『また君に恋してる』という歌をいただいてから毎年のようにカバーアルバムを発売し、演歌以外のラブソングをカバーさせていただいてきましたが、今年は30周年なので、原点に帰りまして、演歌の名曲をカバーしたアルバムを作らせていただきました」と話していた。

%e5%9d%82%e6%9c%ac%e5%86%ac%e7%be%8e%ef%bc%88%e5%9b%b2%e3%81%bf%ef%bc%89

 初日の舞台を終え、「ほっとしているところです。立ち回り、長台詞、日舞と、覚えなければならないことがたくさんあって、次から次へと緊張感が襲ってきますので、気が休まる暇がありません。でも、あと32回公演がありますので、ペース配分を考えながらやっていきたいと思います」と張り切り、30周年を振り返って「いろんなことがありましたが、歌手としては幸せな30年間を歩かせていただきました。今年は特に忙しかったです。紅白? 30周年の今年はぜひ出させていただきたいですね」と目を輝かせていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる