*

■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

公開日: : ニュース

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(68)が14日、東京・渋谷区の古賀政男音楽博物館・けやきホールで「第一回 大川栄策歌謡塾主催 カラオケ発表会&大川栄策ショー」を開いた。

大川栄策(その1)

「大川栄策歌謡塾」は、歌の技術向上を目的にして大川自身が2015年6月に開講。その大川と、プロ演奏家として活動するインストラクターたちが、塾生が希望する曲をそれぞれの個性と能力に合わせて、生ピアノで丁寧に個人レッスンするというもの。

 この日は、同歌謡塾が初めてお披露目するカラオケ発表会で、大川やレコード会社ディレクターらが審査する中、出場者80人がそれぞれの希望曲を一人ひとり披露。

大川栄策(その3)

 続いて、「大川栄策ミニミニ公開レッスン」と銘打ち、大川自らが、発表会に出場した80人の中から抽選で選ばれた3人の歌唱指導を行った。

 その後、「大川栄策ショー」を開き、「今日は、皆さんの個性豊かないい歌を聴かせていただき、改めていい勉強をさせていただきました」とあいさつし、新曲「忍ぶの乱れ」をはじめ、「昭和放浪記」「はぐれ舟」「目ン無い千鳥」「人生劇場」「男の桟橋」、それに大ヒット曲「さざんかの宿」「など全17曲を熱唱した。

大川栄策(その2)

 その中で、「さざんかの宿」を作曲した故・市川昭介さんや恩師の作曲家・古賀政男さん、作詩家・サトウハチロー先生らの思い出話などをしながら「今日は母の日ですが、古賀先生もお母さんが絶対的な存在でして、そのお母さんが亡くなられてから『寂しい、寂しい』といつも言ってらっしゃいました。私は18歳のころ古賀先生に弟子入りして、先生が一人で涙を流されている姿を拝見していました。ところで、私の(作曲家としての)ペンネームが『筑紫竜平』で、みんなから相撲取りの名前みたいだと言われていますが、今日が(大相撲の)初場所です。以後、お見知りおきのほどよろしくお願いします」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる