*

■岩本公水がPR大使を務める埼玉伝統工芸会館で陶芸展&コンサート。自らの窯で焼いた作品約400点を出展

公開日: : ニュース

新曲「北の絶唱」(発売・キングレコード)が、「月刊カラオケファン6月号」カラオケリクエストで第2位と、カラオケ愛好家たちの間でも盛んに歌われ、好セールス中の演歌歌手・岩本公水(41)が23日、埼玉・小川町の埼玉伝統工芸会館で陶芸展&コンサートを開いた。

岩本公水(その1)

約20年前から趣味で始めた「陶芸」もいまでは誰もが認めるプロ級の腕前で、これまでに何度も陶芸展を開催。東京の陶芸教室に通いながら腕を磨き、一昨年11月、同会館から車で15分ぐらいのところ(東秩父)に自らの窯を持ち、本格的に作品づくりに取り組んでいる。

そんな中、彼女が「埼玉伝統工芸会館PR大使」を務める同館で「特別展『岩本公水』と素敵な仲間たちⅡ」と銘打った陶芸展を4月4日から5月14日まで開催。その中日となるこの日、昼夜2回公演を行うことになったもの。

岩本公水(その2)

100席の会場は、昼夜ともに満席(チケットは完売)の中、「今日は、少し早く家を出ましたので、自分の工房を回ってこちらにやってまいりました。こちらにたどり着く間、町が夏に近づいているんだなあと感じました。景色の移り変わりが美しいですね。少し前までは桜がすごく美しかったですし、チューリップやパンジーなども咲いていて、そんな花々が心をうるおしてくれ、幸せな気持ちになります。きのう父に電話したら、私の故郷・秋田県にはまだ雪が残っているそうです。こうやって皆さんとご一緒させていただいたこと、今日このコンサートが終わりましたらしっかりと両親にも報告させていただきます。そのためにもいいステージを務めさせていただきたいと思っています」とあいさつ。

客席から「公水ちゃ~ん!」という熱い声援が飛び交う中、紅白初出場歌唱曲にもなった「涙唱」をはじめ、「愛のせせらぎ」「花筏」「道の駅」「えんか坂」、新曲「北の絶唱」など全11曲を熱唱した。

 陶芸展のほうは、後藤佐知子さん(陶芸)、太田英子さん(陶芸)、新澤亜希さん(陶芸)、町田英子さん(樹脂粘土)、久保田克美さん(樹脂粘土)の5人と一緒に「女性作家六人展」を開き、連日、多くの入場者たちで賑わっている。

岩本公水(その3)

 今回は、自らの窯で焼いた作品を初めて出展。皿をはじめ、ぐい飲み、とっくり、湯飲み、カップ、スプーン、帯留めなど大小さまざまな作品、約400点を創作。作品のテーマは「笑顔」で、「笑顔あふれる作品を作りたかったので、笑顔をたくさん描いた作品が多いんです」とアピール。

なかでも自分の頭の中で想像しながら1カ月間かけて作り上げた「怪獣の花器」が一番の目玉で、ほかにも「都会の灯り」「田舎の灯り」という陶灯り、クマをかたどった花器など独創的な作品には目を見張るものがあり、「ふだんからあまり考えずに、手の動くまま景色を見ながら作っています。埼玉の景色を見て作っているので、自然に溶け込むような作品が多いような気がします。埼玉伝統工芸会館での陶芸展は3回目になりますが、陶芸展をやらせていただけるのは本当に幸せですし、作っていて楽しくて仕方なかったです」と話していた。

(サンユース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる