*

■デビュー30周年の香西かおりが思い出の東京・日枝神社で新曲「わすれ花」ヒット祈願

公開日: : ニュース

今年でデビュー30周年を迎える演歌歌手・香西かおり(53)が、4月19日にユニバーサルミュージックから同記念シングル「わすれ花」(詞・喜多條忠、曲・弦哲也)を発売するのを記念して18日、東京・千代田区の日枝神社で新曲ヒット祈願を行った。

香西かおり(その1)

着物姿で社殿に入り、最初に下社殿で修祓(しゅばつ)=お祓い=、続いて上社殿でご祈祷、玉串を奉り拝礼、お神酒という順に祈祷。
 その後、授与所でおみくじを買い、「末吉」を引いた。

 いまから30年前、同神社前にあるパスタ店で歌手デビューを夢見ながらアルバイトをしていたそうで、同神社でのヒット祈願は初めて。

香西かおり(その2)

「このすそのあたりのお店でウエイトレスのバイトをやりながら(歌の)レッスンに通っていまして、昼休みになるとよくこの神社におじゃましていました。30周年記念曲のヒット祈願は、ぜひこの神社でやらせていただきたいなと思っていましたが、今日は、厳かな空気に包まれてお祓いをしていただいて、大ヒットになるんじゃないかなというそんな予感がしています」

今度の新曲は「不器用な女性のせつなさというか、恋に器用ではない女性の心もとない思いとか、せつない思いをうたった作品です。自分と重なる? 最近はないですね」と話していた。

香西かおり(その3)

おみくじには「意志の強い性格は将来必ず吉運をもたらす」とあり、「恋愛? 『縁談=意志を通せ、尊敬されて良縁あり』とありますが、総体的に強い意志をもって進みなさいということですね。相手は、残念ながらいません(笑)」。

恋愛よりも新曲にかける思いが強く、「今年1年は、この新曲に全力を傾けて頑張りたい」とし、「喜多條先生に書いていただくのは初めてですし、弦先生には久しぶりに作っていただきました。両先生の深い愛情を感じる一作になっているなと思います」。

香西かおり(その4)

30周年を振り返って、「そんなに年月が流れてきたんだなと…。いつもどこかに宿題があって、それを黙々と消化してきているうちにとてつもなく長い月日が過ぎたなという気がします」。

節目の30周年の記念曲で「『わすれ花』で大輪の花を咲かせたい」と大ヒットに向かって意欲満々だった。

 5月25日には、東京・新宿文化センター大ホールで「香西かおり 30周年記念リサイタル~風薫り 清(すが)しく 歌が 舞いおりる~」と銘打った30周年記念リサイタルを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大月みやこ(その2)
■大月みやこがペンギンたちの前で新曲「流氷の宿」発売イベント。自らプロデュースした「流氷ビール」も披露

今年でデビュー53年目を迎え、「平成29年春の叙勲」で「旭日小授章」も

ごぼう先生(その4)
■ごぼう先生が敬老の日イベント。毒蝮三太夫がPR隊長として応援に駆けつけ、シニアと一緒にイス体操

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のお兄さん」としてシニア世代の

中村美律子(その1)
■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレ

秋元順子(その3)
■秋元順子が「秋の全国交通安全運動北区民のつどい」で交通安全をPR。ミニライブで全6曲披露

13枚目のニュー・シングル「夢のつづきを…」(詞曲・花岡優平)が好セー

市川由紀乃(その3)
■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる