*

■「クラウン徳間フレッシュ演歌まつり」で岩佐美咲、工藤あやの、津吹みゆらフレッシュ歌手6人が競演

演歌・歌謡曲の老舗レーベル「日本クラウン」「徳間ジャパンコミュニケーションズ」(共に第一興商グループ)の両社主催による「クラウン徳間フレッシュ演歌まつり」が24日、東京・日本橋のヒットスタジオ東京八重洲店で開かれ、いま最もフレッシュで個性的な津吹みゆ(21)、羽山みずき(25)、中澤卓也(21)=以上、クラウン所属=、岩佐美咲(22)、浅野祥(27)、工藤あやの(22)=以上、徳間ジャパン所属=の演歌・歌謡曲系アーティスト全6人がジョイントライブを行った。

フレッシュ演歌まつり(その1)

これは、両社がレーベルの垣根を越え、次代を担う若手アーティストの育成と歌謡界のさらなる活性化を目指して開催することになったもの。

 約100人のディーラー、マスコミ関係者が詰めかけ、満席の中、中澤は「今日は精いっぱい歌わせていただきますので、最後までよろしくお願い致します」、羽山は「昨年4月6日にデビューさせていただき1年がたちましたが、今日も大好きな歌を精いっぱい最後まで歌わせていただきたいと思います」、浅野は「昨年1月6日に『忠治が泣いている』で歌手デビューさせていただきました。今日は最後までよろしくお願い申し上げます」。 

フレッシュ演歌まつり(その2)

津吹は「今日は『クラウン徳間フレッシュ演歌まつり』の第1回目という大きなステージで歌わせていただくことになり、とても幸せです」、工藤は「山形県山形市出身、山形の日だまり娘、工藤あやのです。せっかく時間を作って来てくださったんだもの、一緒に盛り上がってまいりましょう」、岩佐は「同世代の皆さんのみでやらせていただく機会というのはなかなかないので、今日は私もすごく楽しみにしていました。最後まで精いっぱい歌わせていただきたいと思いますので、よろしくお願い致します」とあいさつ。

通常のレコード店でのキャンペーンとは違った若手アーティストならではの構成・演出、フレッシュさを前面に押し出しながらのステージで、最新曲から中澤が「青いダイヤモンド」、羽山が「雪んこ風唄」、浅野が「逢いたかったぜ内蔵助」、津吹が「雨のむこうの故郷」、工藤が「恋ごよみ」、岩佐が「鯖街道」、また、それぞれの思い入れのあるカバー曲から浅野が「津軽じょんがら節」、津吹が「父娘坂」、羽山が「旅笠道中」、工藤が「私の彼は左きき」、中澤が「さくら(独唱)」、岩佐が「潮来花嫁さん」など全18曲を熱唱した。

フレッシュ演歌まつり(その3)

最後に工藤は「(ディーラーの)皆さん、この6人を特にえこひいきして販売のほどよろしくお願い致します」、岩佐は「皆さんが微笑みながら聴いてくださっていたので、私も楽しく歌わせていただきました。今日はこのような機会をいただいて、改めて向上心をもっともっと持って頑張っていきたいなと思いました」と笑顔で話していた。

(サンユース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる