*

■新シリーズ番組「演歌女子。」に川野夏美、森山愛子、出光仁美、岩佐美咲、工藤あやの、津吹みゆの6人が出演

演歌・歌謡曲専門のCS放送「歌謡ポップスチャンネル」(IMAGICA TV)が、「一般社団法人 日本音楽事業者協会」の協力のもとで新シリーズ番組「演歌女子。」を4月からスタートすることになり3日、東京・墨田区のスタジオコフで、川野夏美(36)、森山愛子(32)、出光仁美(32)、岩佐美咲(22)、工藤あやの(22)、津吹みゆ(21)のゲスト歌手6人が番組収録&取材会を行った。

演歌女子。(その1)

いま最も旬な演歌・歌謡曲系若手女性歌手を集め、他の番組では見ることができない「素顔」と「魅力」を伝えるため、出演者たちは普段着で登場し、「女子会」風の楽しいトークを繰り広げるプライベート感あふれるカジュアルな新感覚トーク・バラエティー番組だ。

 初回(4月放送分)=放送日は、#1が4月5日、後6・0~6・30。#2が4月19日、後6・0~6・30=のゲストは、川野、岩佐、工藤の3人で、ガチャポンからランダムに出てくるテーマについて本音トークを展開。また、「演歌検定コーナー」では、5月ゲストの森山、出光、津吹の3人も参戦し、チャンピオンを目指して演歌にまつわるトリビア・クイズに挑戦。

演歌女子。(その2)

 そんな楽しい新番組の初回収録を行った川野は「すごく自然体でトークができました。女子会ならではのきゃっきゃっする雰囲気というか、女子会のような雰囲気で出演させていただけて、すごく楽しかったです」。岩佐は「この番組でプライベートなお話がたくさんできて、皆さんとの距離がすごく縮まったんじゃないかなと思います」。工藤は「『演歌男子。』があって、『演歌女子。』はいつ始まるのかなと思っていましたので、それが実現できてうれしかったです。ふだんはわからない素のアーティストのよさを知っていただける番組なので、放送が楽しみです」。

 「演歌検定コーナー」の収録では、森山は「難しくて、知らないことがたくさんあるなと思いましたし、すごく勉強になるコーナーだなと思いました」。出光は「このコーナーは楽しいですし、全問正解できたらカッコいいですね」。津吹は「いつかはトロフィーがもらえるようになりたいです」。

演歌女子。(その3)

 また、工藤は「私は、ふだんは山形弁で話していますので、視聴者の方々の反響が楽しみです」。岩佐は「『演歌男子。』のように私も『演歌女子。』を経て皆さんと仲良くなりたいです」。川野は「女子ならではのノリ、盛り上がる感じ、それに演歌のカッコよさが皆さんに伝わればいいですね」。

森山は「こんなにたくさんいる女性歌手の中で『演歌女子。』に選んでいただけてうれしかったです」。出光は「私服もラフだし、気持ちもラフで出演させていただけて楽しかったです」。津吹は「初回に呼んでいただけてすごく幸せです。私は福島出身ですが、福島のことも知っていただける機会ができましたし、この番組を通して演歌というジャンルが視聴者の皆さんの身近に感じていただけるようになったらいいですね」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり写真01
■香西かおりが東京・新宿文化センターで30周年記念リサイタル。ファンに感謝を込めながら全24曲熱唱

弾「わすれ花」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌

大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる