*

■松原健之、ジェロ、純烈、花園直道、はやぶさ、パク・ジュニョン、川上大輔が「演歌男子。後夜祭」でトーク&ミニライブ

日本で唯一の演歌・歌謡曲専門チャンネルのCS放送「歌謡ポップスチャンネル」(IMAGICA TV)が主催する真夏のビッグイベント「大鵬薬品スペシャル『演歌男子。学園祭LIVE in 浅草』」が8月2日、東京・台東区の浅草公会堂で開かれた。

演歌男子。後夜祭(その1)

この日は、昼夜2回ステージで、昼公演は「演歌男子。学園祭LIVE in 浅草」が開催され、演歌・歌謡界の若手イケメン歌手たちの中から松原健之(37)をはじめ、ジェロ(35)、5人組ムード歌謡グループ・純烈、花園直道(28)、3人組新世代歌謡グループ・はやぶさ、パク・ジュニョン(35)、川上大輔(32)の全7組、総勢13人が、学生服を着て昭和を代表する青春ソングメドレーや洋楽カバー、それに即興芝居劇などを披露して最後までファンを楽しませた。

 そして夜公演は、同じ出演者たち全7組が、それぞれの幼少期・学生時代の写真を見ながら「演歌男子。」の青春時代を振り返るというスペシャルな企画。

 1000席の会場は、昼公演に続いて満席の中、松原が「本日は、一大行事『演歌男子。学園祭LIVE』の後夜祭にようこそお越しくださいました。『演歌男子。』のライブ版で、後夜祭ではふだんとは違ったトークで楽しんでいただきたいと思っています。どうぞ最後までたっぷりとお楽しみください」とあいさつ。 

演歌男子。後夜祭(その2)

前半は、出演者それぞれの幼少期・学生時代の秘蔵写真を公開しながらその時代の思い出やエピソードなどを披露し、和気あいあいの青春時代トークで盛り上がった。

後半は、オリジナル作品から川上が「君は僕の半分」、パクが「羽田発」、はやぶさが「岸壁の母」(二葉百合子のカバー曲)、花園が「魂!!七変化」、純烈が「星降る夜のサンバ」、ジェロが「夜明けの風」、松原が「三日月が綺麗だから」、それにファイナルは、全員で井上陽水のヒット曲「少年時代」の全8曲を熱唱し、最後まで客席を楽しませた。

演歌男子。後夜祭(その3)

 会場ロビーには、出演者による書道作品や、「みんなでつくる学園祭」をキーワードに全国の演歌男子ファンに募った書道・絵画作品が数々展示され、来場者たちの目を楽しませた。
 同公演の模様は、10月14日午後8時から「歌謡ポップスチャンネル」で、舞台裏の貴重映像も交えて120分独占放送。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる