*

さとう宗幸の新曲「あ・り・が・と・う・の歌」が発売前からミヤギテレビで大反響。10月21日にリリース決定

大ヒット曲「青葉城恋唄」やTBS金曜ドラマ「2年B組仙八先生」主演などで知られる宮城・仙台市在住の人気シンガー・ソングライター、さとう宗幸(66)が9日、東京・五反田のゆうぽうとホールで開かれた日本歌手協会主催「第42回歌謡祭」に出演。

さとう宗幸イベント画像1

 合わせて、10月21日にキングレコードから発売される新曲「あ・り・が・と・う・の歌」(詞曲・佐久間順平)が現在、宮城県を中心に大反響を呼んでいる近況を語った。

 同「歌謡祭」には、あべ静江をはじめ、大川栄策、千昌夫、園まり、田辺靖雄、中村美律子、ペギー葉山ら大勢の歌手が一堂に会し、さとうは、そのトップバッターとして出演し、昭和の名曲にもなっている自作曲「青葉城恋唄」を熱唱、大きな拍手が送られた。

 彼自身がメインパーソナリティーを務めるミヤギテレビの生ワイド番組「OH!バンデス」(毎週月~金、15・50~19・00)が今年で放送21年目を迎え、この日も同番組の出演があるため、その合間をぬって同歌謡祭のトップバッターとして出演したもの。

 その番組でいま異変が起きている。 

さとう宗幸イベント画像2

 今年の春、同番組内で新曲「あ・り・が・と・う~」を初めて歌ったところ、多くの視聴者から感動した旨のメールが殺到し、その後も何度か同番組で歌っていると、『ぜひCDでも聴きたい』という要望が数え切れないほど寄せられたことから所属レコード会社がリリースを決定。10月21日に急きょ発売されることになったもの。

「この作品は、僕とは学生時代からもうかれこれ42、3年の付き合いになるミュージシャンの佐久間順平君が自費制作したCDを送ってくれたので、早速聴いてみたところ、『本当にいまオレが歌いたいのは、こういう歌なんだよな』と直感しましてね、彼にすぐ連絡して、『ぜひこの歌を僕に歌わせてくれ』と頼んだんです。

 こんなことは初めてと言ってもいいですね。それを僕がいま仙台でやっているテレビ番組で歌ったところ、すごい反響がありまして、今回、CDとして発売されることになったわけです」

さとう宗幸イベント画像3

「♪生んでくれて ありがとう 育ててくれて ありがとう~」と素直に感謝の気持ちを歌ったフォーク調の作品で、「何の変哲もない、誰しもが口にするような言葉を文字にして、歌にすると、訴える力がこんなにも強いんだということを改めて知りました」

 レコーディングでは、いま一番『ありがとう』を伝えたい母親(故人)のことなどを思い浮かべながら歌ったそうで、「歌詞は、自分の子どものことを思ったり、奥さんのことを思ったり、友だちのことを思ったりと、身近な人たちへの5つの文字『ありがとう』という言葉がいっぱい詰まった歌です。

 この歌詞の中に『子供になってくれて ありがとう』というフレーズがありますが、僕にはいま5人の孫がいまして、娘がその最初の孫をわが家に連れてきたとき、孫に母乳を飲ませている娘の姿を見て、急に娘が愛おしくなりましてね…。66歳の僕がいま、素直な気持ちで歌いたいなと思える歌です」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる