*

松永ひとみ 「大阪海峡」から2年ぶり新曲「港じゃんがら帰り船」を発売。東京・八重洲で発売記念イベント

1月27日、東京・八重洲の”ヒットスタジオ東京”で松永ひとみの新曲「港じゃんがら帰り船」「待雪草」(2014年12月10日リリース)の発売記念イベント『松永ひとみと共に』が開催された。

201501290004

坂本冬美の声質に重厚感を加えたような歌声と美貌、親しみやすさも存分に感じさせて観客を魅了

「港じゃんがら~」は、昨年開催の第47回日本作詩大賞(主催:日本作詩家協会)で最優秀新人賞(作詞:ながいさつき)、「待雪草」は優秀新人賞(作詞:穐山定文)を受賞した作品で、西つよし氏が作曲、南郷達也氏が編曲を担当、FM局の歌謡番組で1位になるなど人気を集めている。この好調を受けて、会場はファン、マスコミ関係者などで満席の盛況。松永は、笑顔と艶を振りまきながら「港じゃんがら~」からライブをスタートさせると、ファンの熱烈な声援と拍手の中、オリジナルに「青葉城恋唄」「みだれ髪」他のカバーを織り交ぜて13曲を披露した。

さとう宗幸
青葉城恋唄
Singer/Songwriter
¥250
provided courtesy of iTunes
美空ひばり
美空ひばり プレミアムパッケージ「Best 70+1 Songs」
Kayokyoku
¥250
provided courtesy of iTunes

松永の魅力は、坂本冬美の声質に重厚感を加えたような歌声と美貌、そして幼少期から青森の伝統芸能である手踊りで磨いたしなやかな身のこなし(手踊りでは14歳の時に史上最年少で名人位を受けている)。途中にはステージを下りてファンと握手しながら歌うなど、親しみやすさも存分に感じさせて観客を魅了した。
201501290003

震災からの復興を願う想いが託された新曲に「私も復興のために一生懸命うたっていきます」

会場には、ながい、穐山、西の作家陣や作詩家協会のさいとう大三常務理事も訪れ、新曲と松永への期待を込めて挨拶。
201501290001
ながい氏は「『港じゃんがら~』は、自分の出身地であるいわき市の伝統行事である”じゃんがら”(地元の青年たちが鉦や太鼓を鳴らしながら、新盆を迎えた家を回る郷土芸能)や地名を織り込み、震災からの復興を願う想いを託した」穐山氏は「待雪草の花言葉は、慰め、希望。詩に願いを込めた」と語ったが、エンディングで「港じゃんがら~」を歌った松永は、「震災後、私にできることは何かないかと毎日毎日思っていました。先生方のメッセージが注がれた新曲を、私も復興のために一生懸命うたっていきます」と瞳を潤ませながら語り、熱い想いで会場を包んだ。
「待雪草」には「春はそこまで 来ていると」の一節があるが、デビューから22年、地道に歌い続けてきた松永の”春”もそこまで来ている予感がする。
201501290005

曲目リスト
1.港じゃんがら帰り船
2.大阪海峡
3.夜祭り恋唄
4.じょんから女節
5.青葉城恋唄
6.望郷酒場
7.紅の舟歌
8.みだれ髪
9.惚逢草
10.冬の花
11.神楽坂カルメン
12.待雪草
13.港じゃんがら帰り船

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる