*

■永井裕子&井上由美子の「なでしこ姉妹」が「秋だ一番!なでしこ祭り」開催

キングレコードの演歌歌手、永井裕子(37)と井上由美子(42)の、ともに身長150センチのちびっこコンビが結成した“なでしこ姉妹”。その「秋だ一番!なでしこ祭り」と銘打ったイベントが10月25日、東京・渋谷区の古賀政男音楽博物館けやきホールで開催された。

なでしこ姉妹(その1)

この催しは、5月23日に発売した新曲「よされ恋唄」の購入者(応募券付)の中から抽選で、なでしこ姉妹のどちらかとデユエット、または当日の入場券が当たったファン200名が集まった。

なでしこ姉妹の「Tokyoスカイツリー音頭」でオープニングのあとは、抽選で選ばれた25名が、井上、永井とそれぞれ新曲やカップリングの「悲しみよここへおいで」などをうたった。

なでしこ姉妹(その2)

江戸川区から来た70代の男性は、「人前のこんなに高いところから歌ったことは初めてで緊張したが、入場券を応募して外れたら困るので、敢えてデユエットで応募したが、とても緊張した」。また広島の岩国から参加した60代の女性は「地元で友たちと組んで“さくら姉妹”として歌っています。色々なところで歌っているのでまちお歩いていても声を掛けられるのでうれしいです。友達はこれませんでしたが、これで安心して地元に帰れます」と挨拶した。

第2部は、なでしこ姉妹のオンステージ。オリジナルの「じょんから姉妹」「さよなら港」を二人で披露した後は、それぞれがワンマンで「夜明けの波止場」(井上)や、「ねんごろ酒」(永井、10月24日発売)などを熱唱。ラストはなでしこ姉妹として新曲「よされ恋唄」を披露した。

なでしこ姉妹(その3)

「なでしこ姉妹を結成して7年になりますが、最初は声質のまったく違う二人が歌うとどうなんだろうと思いましたが、出来上がってみたら定石で“いいじゃん”みたいな感じでした。姉の“なで”の私がおっちょこちょいでいつも妹の“しこ”ちゃんに助けられています。一人で活動しているときと、二人で活動しているときはそれぞれ姉と妹の役割があって、人間が変わるのも楽しいですね」と井上。

永井は「とても仲が良くて、普段でも一緒にいることが多く、お互いが近所に引っ越したほどです。友人というよりも本当の身内という感じです」と話していた。
今後については「もし仮に新曲が出ないことがあっても、なでしこ姉妹としての活動は続けていきたいです。これからもがんばっていきますので応援のほど、よろしくお願いします」と二人は口をそろえた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる