*

■「東京演歌ライブ」で原田悠里、水田竜子、岩本公水、永井裕子、椎名佐千子、井上由美子のキング美人演歌歌手6人が競演。ペギー葉山さんのトリビュートコーナーも

キングレコードに所属の原田悠里(62)、水田竜子(40)、岩本公水(42)、永井裕子(36)、椎名佐千子(34)、井上由美子(40)の女性演歌歌手6人が一堂に会して7月26日、東京・亀有のかめありリリオホールで「東京演歌ライブ~Oh!Summerキングヒットパレード!!~」と銘打ったライブが開かれた。

東京演歌ライブ(その1)

「東京演歌ライブ」は、2004年2月25日からスタートし、毎月開催されている人気演歌ライブで、今回は147回目で、キング所属の女性演歌歌手6人が出演。
開演前、椎名は「このような皆さんとご一緒するステージはなかなか機会がないので、今日は本当にワクワクしています」。岩本は「何日か前に私の故郷・秋田が雨で大変な目に遭っているので、心配で母親に電話をしたのですが、『もう大丈夫だから歌だけに集中して頑張って歌って』と言われたので、歌えることの幸せというか、元気な人が元気を届けられる責任みたいなものを全うできるように一生懸命歌いたい」。

原田は「今日は、夏バテ気味の皆さんに私たち美人演歌歌手たち(笑)の歌声をお届けして、少しでも夏バテ解消に、そして元気をお届けできたらなと思っています」。水田は「今日は私の両親も見に来ておりまして、キングの美人演歌歌手がそろうということでとても楽しみにしています。キングレコードはいつも仲良く元気いっぱいがモットーの雰囲気の仲間なので、アットホームで元気のいいステージを見ていただきたい」。

東京演歌ライブ(その2)

永井は「本日の出演者の中で2番目に小さい永井裕子ですが、今日は美人歌手の仲間入りをさせていただいてとても光栄に思っています。美人演歌歌手の中であの娘だけちょっと違ったね、と言われないように、艶やかな歌が歌えるように頑張らせていただきたい」。井上は「私が一番小さい井上由美子ですが、東京演歌ライブは毎回、会場の皆さんとの距離が近くて、一体感が味わえるのですごく楽しみですし、会場の皆さんだけではなくて、会場に来られなかった皆さんにも元気パワーが届くように先輩の皆さんと一緒に頑張りたい」と意欲満々。

600席の会場のチケットは早々と完売。そんな熱烈なファンで熱気ムンムンの中、北島三郎の「まつり」を全員で歌って膜を開け、新曲コーナーで井上は「母情歌」、椎名は「ソーラン鴎唄」、永井は「飛鳥川」、岩本は「北の絶唱」、水田は「船折瀬戸」、原田は「人生夢桜」を熱唱。

東京演歌ライブ(その3)

 また、今年4月に亡くなった同社所属のベテラン歌手・ペギー葉山さん(享年83)のトリビュートコーナーで、井上が「ドレミのうた」、椎名が「ケ・セラ・セラ」、永井が「学生時代」、岩本が「ラ・ノビア」、水田が「南国土佐を後にして」、原田が「シャンソン~ひとりの歌い手がいた~」を歌って故人をしのび、全25曲のプログラムで最後まで満員の客席を楽しませた。

その中で原田は「私はデビューして35年になりますので、ペギーさんとは長い間、接していただきました、亡くなる2、3週間ぐらい前にお会いしたのですが、そのときもいつもと変わらず華やかで、『どう元気? 今度、舞台があるのよ』とおっしゃったので、『ぜひ拝見します』と申し上げたのが最後でした。歌い手として歌を全うされたその姿に改めてペギーさんらしいなと、驚きとともにすごい感動をもらいました」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる