*

「東京演歌ライブ」100回記念スペシャルinなかのZERO開催!

公開日: : 最終更新日:2014/04/02 取材裏話 , , , , , ,

記念すべき第100回公演

演歌イベント「東京演歌ライブ」の記念すべき第100回公演が7月24日、東京・中野区のなかのZERO小ホールで行われました。

東京演歌ライブとは?

このライブは、若手・中堅歌手にもっと発表の場を提供しようと、北島三郎さんが発起人となって2004年2月にスタート。
500人規模のホールで毎月5~7組の歌手が出演、観客が歌手を身近に感じられるイベントとして好評を博し、100回を達成したものです。

100回記念スペシャル公演となったこの日は、葵かを里さん、小沢亜貴子さん、黒川真一朗さん、小金沢昇司さん、桜井くみ子さん、チェウニさん、走裕介さん、半田浩二さん、松尾雄史さん、水田竜子さん(五十音順)ら10人の歌手が出演。
それぞれ代表曲や最新曲を披露して会場を沸かせました。

東京演歌ライブ100回記念スペシャル

詳しいレポートは、東京演歌ライブの特設サイトをご覧ください。
これまでに出演した主な歌手から寄せられたお祝いコメントも、順次公開しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる