*

松尾雄史が「クラウン火曜ライブ」で司会に大奮闘!ムチャぶりに応えてセクシーボイスに挑戦!?

12月10日、第8回目となる「クラウン火曜ライブ」が都内で開催されました。

 この日の出演は、真木ことみさん、山口かおるさん、松尾雄史さん、石川えりなさん。スペシャルゲストに門脇陸男さん。

クラウン火曜ライブ 真木ことみ、山口かおる、松尾雄史、石川えりな、門脇陸男
(左から真木ことみさん、石川えりなさん、
門脇陸男さん、山口かおるさん、松尾雄史さん)

 いつものレギュラー陣のうち、スケジュールの都合で瀬口侑希さん、桜井くみ子さん、三山ひろしさんがおらず、ただ一人のレギュラーである松尾雄史さんがメイン司会に。緊張しながらも、先輩歌手のサポートと客席の声援に助けられながら、立派に進行を務めていました。といってもアドリブとハプニングが続出するのがこのライブの魅力。台本になど頼っていられません…!

クラウン火曜ライブ 真木ことみ、山口かおる、松尾雄史、石川えりな

 このライブの名物となっているカバー曲コーナーで、山口かおるさんは青江三奈さんの「伊勢佐木町ブルース」を歌うことに。「伊勢佐木町ブルース」といえば、イントロでのお色気たっぷりの「♪あぁ…あぁ…」が聞かせどころです。

ところが山口さん、自分が歌う前に「みんなのお手本が聞きたいわ」と、「♪あぁ…」の実演を皆にリクエスト。真木さん、石川さんが吐息まじりにセクシーボイスを披露すると、客席は拍手喝采です。
さらに山口さん、「男の人のも聞いてみたいよね?」と今度は松尾さんに「♪あぁ…」を強要。ムチャぶりに「えぇーっ!?」と驚く松尾さん。はたしてその顛末は…? 写真と動画による詳しいレポートを「携帯で演歌」でご覧いただけます!
「携帯で演歌」イベントレポートはこちら

 門脇陸男さんはゲストコーナーで代表曲「祝い船」の他、「お前、ありがとう」などを披露。真木ことみさん「石蕗の花」、山口かおるさん「愛と憎しみの間に」、松尾雄史さん「純子の泪」、石川えりなさん「つぶやき」など、それぞれ最新曲が披露されました。

クラウン火曜ライブ 石川えりな

 「クラウン火曜ライブ」は、毎月第2火曜の午後に東京・八重洲の「HIT STUDIO TOKYO」で開催されています。次回のライブは2014年1月14日(火)。観覧についての詳しい応募方法は日本クラウンのサイトをご覧ください。

▼関連リンク
 日本クラウン公式ウェブサイト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる