*

■小金沢昇司が60歳を迎えた日に還暦バースデーディナーライブ。北島三郎ら30人から届いたお祝いビデオメッセージに大感激

公開日: : ニュース

最新シングル「おぼえていますか」とデビュー30周年記念アルバム「軌跡」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・小金沢昇司が、60歳を迎えた8月31日、東京・港区のザ・ストリングス表参道で還暦バースデーディナーライブを開いた。

小金沢昇司(その1)

還暦を迎え、「今年5月に初めて同窓会(小・中学校)に出席したのですが、59歳になったみんなの顔を見て、あれーって思いました。自分もそんな年齢に来ているんだなと…。僕はお客さんに見られる仕事なので、多少、他人より若くは見られるかもしれませんが、60歳になったからには、より一層、若さを保っていかなければいけないなという思いはありますね。今日、還暦を迎えて、何を感じるかというと、あまり感じることはありません。5月の同窓会のときに感じたので、若く見られるように頑張っていかなければいけないんじゃないかなとは思いました。これからも声が出る限り歌っていきますし、もし声が出なくなったらやめようと思っています。60歳を迎え、これからどれだけやっていけるかわかりませんが、できる限り歌っていきたい」と感想を述べた。

小金沢昇司(その2)
 約200人のファンが詰めかける中、デビュー曲「おまえさがして」をはじめ、「神楽坂」「昭和の花」「ひとひらの雪」「北の三代目」「オモニ~母へ~」「願・一条戻り橋」「ありがとう…感謝」、新曲「おぼえていますか」、それに昭和のヒット曲のカバーからビリー・バンバンの「白いブランコ」、松山千春の「季節の中で」など全21曲を熱唱。

 途中、デビュー30周年に合わせて、北島三郎をはじめ、山本譲二、角川博、大月みやこ、鳥羽一郎ら先輩&後輩歌手30人からのお祝いのビデオメッセージが紹介。師匠・北島の「小金沢昇司さん、60歳ですか。あんたの歌を聴いていると、いまが一番いいなあ。そんな年齢になったのかなあ。これからもいまのペースを忘れずに、還暦を機会に頑張ってこの道を歩いてください。ときにはおれをオヤジと思い、ときにはおれをライバルと思い、ときにはよき友としてこれからも長く頑張って付き合っていこう。本日は、還暦おめでとう!」というお祝いメッセージなどを見ながら小金沢は「いやあ、感動しました。涙も何もかも通り過ぎたような感覚ですね」と大感激。

小金沢昇司(その3)

 また、バースデーケーキが贈られた後、サプライズで先輩歌手・山本譲二がお祝いに駆けつけると、小金沢はびっくり。その山本が作詞・作曲した「昇司へ…」の歌をプレゼントされ、感激もひとしおだった。

 9月20日ごろには、俳優として活躍中の長男・雅弘さん(23)に初孫が生まれるそうだが、祖父になる自覚は?という記者からの質問に「まったくないですね。想像もつかないです。生まれて、自分のそばに来て、ちょっと時間がたってからじゃないですかね」と目を細めていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる