*

■青木美保がデビュー35周年記念コンサート。新曲「乙姫川」や35曲メドレーなど全27曲熱唱

公開日: : ニュース

五木ひろしにスカウトされたのをきっかけに1984年3月21日、「人生三昧」でキングレコードからデビューして今年で35年目を迎えた演歌歌手・青木美保(51)が9月4日、東京・渋谷区文化総合センター大和田・さくらホールで35周年記念コンサートを開いた。

青木美保(その1)

35周年を迎えて、「(痙攣性発声障害で2001年から)声をうまく出すことができなくなってお休みしていた10年があったので、それを含めての35年になりますが、そこを抜いてしまうと私の歴史ではなくなってしまうので、その10年を含めて今年がデビュー35周年になります。お休みしたから余計そう思うのかもしれませんが、何年目とか、何周年だというのはあまりこだわっていなくて、一日一日、いま自分ができることを一生懸命やることを積み重ねて今日まで来たかなと思います。今日は、このステージに立って皆さんの前で歌わせていただける喜びでいっぱいで、リハーサル中から目がウルウルしていますが、それはうれし涙です」と感慨もひとしお。

 約700人のファンで満席の中、前半は、前作シングル「花海棠」をはじめ、「秋燕」「舟宿にて…」「夢一輪」「哀愁海峡」、ゲストのジャズ・ヴァイオリニスト、寺井尚子を迎えて、彼女の演奏をバックに「風花しぐれ」「恋におちて~Fall in love~」、今回の公演の目玉でもある「35曲メドレー」(1年1曲のヒット曲から全35曲を選曲)と題して、「夢追い酒」から「レット・イット・ゴー」(映画「アナと雪の女王」より)まで約18分半にわたる35曲メドレーなどを披露。

青木美保(その2)

 後半は、もう一人のゲスト演歌歌手・北川大介が歌でステージに花を添えた後、昭和の名曲カバーから「東京ドドンパ娘」「東京ララバイ」、オリジナル曲から「海鳥よ」「流氷挽歌」、翌5日発売の新曲「乙姫川」など、ゲストの演奏&歌、メドレーを含めて全27曲を熱唱した。

 今度のニュー・シングル、35周年記念曲「乙姫川」(詞・麻こよみ、曲・岡千秋)は、青木の故郷・熊本県を流れる同名の川をモチーフにした悲恋歌で、「この新曲が決まったとき、母と二人でその川を探しに行きました。小さな川でしたが、可愛らしく寂しげに流れている歌にぴったりな川でした。1番の歌詞の中に『涙で送った お假屋橋(かりやばし)よ』という愛しい人を乙姫川にかかるお假屋橋で見送るシーンがあるんですが、母と二人で探しながらたどり着いたのが偶然にもそのお假屋橋だったので、これは何かいい縁があるのかなと感じています」。  
     
青木美保(その3)

また、今後について「35周年は決してゴールではなくて通過点だと思っています。お休みしていた10年間は、声帯を温存してきたことにもなるので、10年長く歌えるんじゃないかなと…。青木美保の旬はきっとこれからだと信じて、いまできることを一生懸命やっていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる