*

井上由美子と工藤あやのがクリスマスパーティー。デュエットも交えて全17曲熱唱

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 ニュース ,

16枚目のニュー・シングル「港しぐれ」(詞・麻こよみ、曲・岡千秋)=キングレコードから8月26日発売=が好調の演歌歌手・井上由美子(39)と、セカンド・シングル「花咲く丘」(詞・高田ひろお、曲・弦哲也)=徳間ジャパンコミュニケーションズから2月4日発売=が好調のデビュー2年目の演歌歌手・工藤あやの(21)の2人が6日昼夜2回、東京・台東区のグレースバリ上野で「由美子&あやのクリスマスパーティー2015」と銘打ったクリスマスパーティーを開いた。

井上&工藤(その1)

2人は同じ事務所「アルデル・ジロー」の所属。それぞれのファンからジョイントでイベントをやってほしいという要望が数多く寄せられ、それにこたえて今回のパーティーを開くことになったもので、2人で同じステージに立つのはこの日が初めて。

 井上は「あやのちゃんと食事に行ったのはまだ2回ほどしかないので、これからは呼び捨てにできるくらい仲良くなりたいですね」、工藤は「デビューしたときから由美子先輩と同じステージに立ちたいと思っていましたので、今日はその夢が実現してとてもうれしいです」とニッコリ。

井上&工藤(その3)

 各回100人ずつ、昼夜で200人の熱狂的ファンが詰めかける中、クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」でオープニングの幕を開け、カバー曲メドレーコーナーで、あやのが「東京のバスガール」「星降る街角」、由美子が「まつの木小唄」「あゝ無情」、2人で「硝子坂」を歌った後、ソロコーナーであやのが、デビュー曲「さくらんぼ 恋しんぼ」や新曲「花咲く丘」、2人によるデュエット曲「望郷おんな節」(井上由美子&永井裕子のデュオ「なでしこ姉妹」のデビュー曲)をはさんで、由美子が第7弾シングル「海峡桟橋」や新曲「港しぐれ」などを熱唱。

由美子&あやの(その1)

 あやのは「今年は新しい仕事も増え、新たな工藤あやのを発見できた1年でした。そして、殻を一つ破った年でもありました」、由美子は「あっという間の1年でしたが、今年も自分なりに頑張れた年だったと思います」と、それぞれにこの1年を振り返った。
 そして最後は、2人で「恋のバカンス」と「きよしこの夜」をデュエット。2人合わせて全17曲のプログラムを、トナカイ姿の由美子とサンタ姿のあやののコスプレも披露しながらひと足早いクリスマスでファンたちと楽しいひとときを過ごした。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる