*

井上由美子と工藤あやのがクリスマスパーティー。デュエットも交えて全17曲熱唱

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 ニュース ,

16枚目のニュー・シングル「港しぐれ」(詞・麻こよみ、曲・岡千秋)=キングレコードから8月26日発売=が好調の演歌歌手・井上由美子(39)と、セカンド・シングル「花咲く丘」(詞・高田ひろお、曲・弦哲也)=徳間ジャパンコミュニケーションズから2月4日発売=が好調のデビュー2年目の演歌歌手・工藤あやの(21)の2人が6日昼夜2回、東京・台東区のグレースバリ上野で「由美子&あやのクリスマスパーティー2015」と銘打ったクリスマスパーティーを開いた。

井上&工藤(その1)

2人は同じ事務所「アルデル・ジロー」の所属。それぞれのファンからジョイントでイベントをやってほしいという要望が数多く寄せられ、それにこたえて今回のパーティーを開くことになったもので、2人で同じステージに立つのはこの日が初めて。

 井上は「あやのちゃんと食事に行ったのはまだ2回ほどしかないので、これからは呼び捨てにできるくらい仲良くなりたいですね」、工藤は「デビューしたときから由美子先輩と同じステージに立ちたいと思っていましたので、今日はその夢が実現してとてもうれしいです」とニッコリ。

井上&工藤(その3)

 各回100人ずつ、昼夜で200人の熱狂的ファンが詰めかける中、クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」でオープニングの幕を開け、カバー曲メドレーコーナーで、あやのが「東京のバスガール」「星降る街角」、由美子が「まつの木小唄」「あゝ無情」、2人で「硝子坂」を歌った後、ソロコーナーであやのが、デビュー曲「さくらんぼ 恋しんぼ」や新曲「花咲く丘」、2人によるデュエット曲「望郷おんな節」(井上由美子&永井裕子のデュオ「なでしこ姉妹」のデビュー曲)をはさんで、由美子が第7弾シングル「海峡桟橋」や新曲「港しぐれ」などを熱唱。

由美子&あやの(その1)

 あやのは「今年は新しい仕事も増え、新たな工藤あやのを発見できた1年でした。そして、殻を一つ破った年でもありました」、由美子は「あっという間の1年でしたが、今年も自分なりに頑張れた年だったと思います」と、それぞれにこの1年を振り返った。
 そして最後は、2人で「恋のバカンス」と「きよしこの夜」をデュエット。2人合わせて全17曲のプログラムを、トナカイ姿の由美子とサンタ姿のあやののコスプレも披露しながらひと足早いクリスマスでファンたちと楽しいひとときを過ごした。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり写真01
■香西かおりが東京・新宿文化センターで30周年記念リサイタル。ファンに感謝を込めながら全24曲熱唱

弾「わすれ花」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌

大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる