*

■はやぶさが第5弾ワンマンとなるクリスマスコンサートを初の昼夜2回開催。ゲストのテツandトモと爆笑コラボも披露

公開日: : ニュース ,

デビュー6年目を迎え、第8弾シングル「未来はジョー!ジョー!」(テレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ」オープニングテーマ曲)=ビクターエンタテインメントから7月12日発売=が、5作連続でオリコン週間ランキング(演歌・歌謡曲)初登場1位を獲得してロングセラー中の3人組新世代歌謡グループ、はやぶさ=ヒカル(30)、ヤマト(24)、ショウヤ(24)=が12月21日、東京・中央区の日本橋三井ホールで「はやぶさクリスマスコンサート 冬物語2017~THE 演歌 TAINMENT SHOW~」と銘打ったクリスマスコンサートを開いた。

はやぶさ(その1)

今回は第5弾となるワンマンコンサートで、初の昼夜2回公演。クリスマスコンサートは、昨年に続いて2回目。

 昼夜2回、合わせて約1200人の熱烈なファンが詰めかける中、ヤマトは「いつも応援してくださっているファンの皆さま、そして今日初めてはやぶさを見るという皆さまのためにも楽しく歌って、楽しく騒ぐコンサートにしたい」。ショウヤは「最高のクリスマスプレゼントがお届けできるように心を込めて歌わせていただきます」。ヒカルは「皆さまに感謝の気持ちを込めて、1曲1曲、ていねいに歌わせていただきますので、最後まで楽しんでいただけたらうれしいです」とあいさつ。
デビュー曲「ヨコハマ横恋慕」」をはじめ、オリジナルシングルから第2弾「ちょっと待ってよヨコハマ」、第6弾「エボレボ!」、カバー曲から「りんどう峠」「小樽のひとよ」、ソロコーナーでショウヤが、浜田雅功と槇原敬之「チキンライス」、ヒカルが、高橋真梨子の「for you…」、ヤマトが、アローナイツの「骨から泣きたい雪子です」、客席をラウンドしながらクリスマスソングから「赤鼻のトナカイ」「サンタが街にやってくる」「きよしこの夜」、それに最新シングル「未来はジョー!ジョー!」など全21曲を熱唱。

はやぶさ(その2)

 また、スペシャルゲストで、結成20周年のお笑い芸人、テツandトモが登場し、はやぶさとコラボで客席を笑わせるなどして、ステージは終始、大盛り上がり。

 アンコールでは、来年3月7日に発売が決まった「蜘蛛男のダンス」=故作詞家・阿久悠さんのメモリアルイヤーを記念して発売されたアルバム「阿久悠メモリアル・ソングス」に収録された阿久さんの未発表詞に、ヒャダインこと前山田健一がサウンドプロデュースし、はやぶさが歌唱した「蜘蛛男のダンス」を全面リニューアルしたシングルバージョン=を初披露し、最後まで楽しませた。

はやぶさ(その3)

 歌い終わってヤマトは「単独のコンサートを開催するのは3人の夢の一つでしたので、まさかこんなに立て続けにコンサートをさせていただくとは夢にも思ってもいませんでした。でも、いざ始まると皆さんが盛り上げてくださって楽しく歌わせていただきました」。ショウヤは「ゲストのテツandトモさんとは久しぶりの共演で、楽しいトークもできて、とても楽しかったです」。ヒカルは「今回のコンサートは、はやぶさの演歌を・歌謡曲を中心にきちっと歌を聴いてもらいたいということで構成をしていただきました。これまでは企画ものが多かったので、今回は歌ったなという達成感がありますし、テツandトモさんに出ていただいて、いい意味でリラックスして、自分自身も楽しく歌わせていただけて、はやぶさは演歌・歌謡曲の部分もこうやって大切に歌わせていただいているというのを全面的に見ていただけたんじゃないかなと思います」と話していた

 今年1年を漢字一文字で表すとしたら?という記者からの質問には、ヤマトが「姿」、ショウヤが「魂」、ヒカルが「試」と答えた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる