*

■山本あきが30回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーや新曲「桜の小径」など全11曲熱唱

公開日: : ニュース

キングレコード創業75周年記念アーティストとして2006年6月にデビューして今年で12年目を迎え、現在、14枚目の最新シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)が好セールス中の演歌歌手・山本あき(41)が11月5日、東京・蒲田のライブハウス、CATFISH TOKYO(キャットフィッシュ東京)でマンスリーライブを開いた。

山本あき(その1)

「『演歌歌手・山本あき』の世界とはまた違った新たな一面も見ていただきたい」として平成27年6月からスタートして、今回で30回目を数える毎月恒例のスペシャルライブだ。

山本あき(その3)

「アコースティックな昭和歌謡」をコンセプトに、ふだんの演歌のステージとは趣を異にし、同ライブのときだけ「キャサリン山本」というネーミングで、ギターの弾き語りを基本に、ラフなコスチュームと金髪スタイルで歌って毎回、人気を博しているが、今回のライブは、昭和の名曲をカバーした最新アルバム「あきがたりⅢ」に収録の曲を中心に選曲。

山本あき(その4)

 約40席の会場のチケットは早々と完売。熱烈なファンで満席の中、「今日は、アメリカのトランプ大統領が来日されていますが、ここキャットフィッシュ東京には、私、キャサリン山本が参上いたしました」とあいさつし、アコースティックギターの弾き語りを交えながら夏木マリの「絹の靴下」をはじめ、江利チエミの「酒場にて」、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」、シンガー・ソングライター、タナコウとのコラボで、りりィの「私は泣いています」、それに最新アルバムの書き下ろし曲「支笏湖ブルー」など全11曲を熱唱。

山本あき(その5)

 また、クイズ&じゃんけん大会や青春歌謡を彷彿とさせる新曲「桜の小径」を客席全員と大合唱するシーンもあり、最後までファンと一緒に盛り上がった山本は「錦糸町駅前や蒲田駅前の路上ライブからスタートしたこのマンスリーライブも、ファンの皆さんのお陰で記念すべき30回目を迎えることができました。回を重ねるごとに皆さんの口コミで広がっていき、今回のマンスリーライブもチケットが購入できないお客さまがたくさんいらっしゃったようで、その方々には大変申し訳ないなと思っています。デビューする前は、ライブハウスを拠点にしてロックバンドで歌っていましたので、その原点でもあるライブハウスで歌わせていただき、私の歌で共感してくださるお客さまが毎回、増えていくことが何よりもうれしいです。これからも演歌はもちろんですが、こういった昭和歌謡も大切に歌い継いでいきたい」と話していた。

 次回は、12月3日に同所で今年最後のマンスリーライブを行う。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる