*

■神野美伽が東京・新宿文化センターでコンサート。ジャニス・シーゲルとの共演による35周年記念アルバム発売&世界配信を発表

公開日: : ニュース

今年でデビュー34年目を迎えた演歌歌手・神野美伽(52)が10月23日昼夜2回、東京・新宿区の新宿文化センターで「Mika Shinno 2017~2017年の神野美伽~」と銘打ったコンサートを開いた。

神野美伽(その1)

この日は、国内でのコンサートだけではなく、米国・ニューヨークでのライブ、ロックフェスへの出演など、今年もパワフルな活躍ぶりで演歌界を賑わしている彼女の毎年恒例のコンサートで、昼夜2回公演で約3000人を動員。

会場は、熱烈なファンで満席の中、「王将一代小春しぐれ」で幕を開け、「数日前から23日の月曜日は日本上陸であろうという台風情報を聞いて、たぶん一番やきもきしていたのが、神野美伽と選挙に立候補している政治家の皆さん方だったと思います。今日は台風一過で、こうやって皆さまにも無事にお越しいただき、爽快な気分で1曲目を歌わせていただきました。今年は、様々な場面で、思ってもみなかったところでいろんな歌を歌うことができました。夏にはロックのフェスがあったり、ブルーノートというジャズクラブでライブがあったり、ニューヨークにも出かけてライブをやり、その後、初めてアメリカでレコーディングもしてきました。今日は、人生の中で、皆さんと私とが過ごすことになったこれからの時間を、意味のあるいい時間にできたらいいなと…。今日は、まだ発売前ですけれど、来年1月1日に発売する35周年に向けて作ったアルバム『夢のカタチ』の橋渡しのコンサートが作れたらいいなということで、そのアルバムの中からもたくさん選んで、ひと足早く聴いていただこうかなと思っています」とあいさつ。

神野美伽(その2)

師匠・市川昭介さんが、都はるみに作曲した初期のヒット曲からメドレーで「涙の連絡船」「大阪しぐれ」「好きになった人」、1984年3月発売の神野のデビュー曲「カモメお前なら」などを歌った後、デビュー35周年記念アルバム「夢のカタチ」のレコーディング風景をスクリーンで紹介。その際、同アルバムの世界配信の決定がアナウンスされると、会場から大きな歓声がわいた。

 同アルバムに収録の美空ひばりの「リンゴ追分」(日本語詞)で初共演している世界的ボーカルグループ「マンハッタン・トランスファー」のジャニス・シーゲルが歌っているボーカルパートを流しながら同曲を披露。また、ゲストで、ペルー出身のシンガー・ソングライター、エリック・フクサキと、江利チエミの「奴さん」や世界的ヒット曲「キサス・キサス・キサス」「時計」の3曲をデュエット。

神野美伽(その3)

 後半は、オリジナル曲から最新シングル「石狩哀歌」をはじめ、「風岬」「浮雲ふたり」「あんたの大阪」「男船」など全23曲を熱唱し、最後まで演歌の枠を超えた見ごたえのあるステージでファンを楽しませた。

 ジャニス・シーゲルとは2015年2月にジャズピアニスト・大江千里の紹介で初めて会い、最初から意気投合。神野がジャニスにオファーして同アルバムでの共演が実現したもので、神野は「日本の素晴らしい演歌を世界の人たちに聴いていただくのが夢でして、それが世界のジャニス・シーゲルさんとの共演で実現でき、大感激。今回のアルバム全曲が、私にとって初めて世界配信=世界約120カ国=されることになり、今年1年は最高の年でした」と笑顔で話していた。

神野美伽(その4)

 この後、毎年3月に米国・テキサス州で開催されている世界最大級の祭典「サウス・バイ・サウス・ウエスト」のオーディションに演歌歌手として初挑戦するそうだ。

 来年元旦には、同アルバムと同時に35周年記念シングル第1弾「千年の恋」(詞・荒木とよひさ、曲・弦哲也)を発売。1月3日から同25日まで大阪・新歌舞伎座で新春特別公演も行う。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
氷川きよし(その2)
■氷川きよしがプロ野球「東京ヤクルト×阪神戦」で始球式。新曲「大丈夫」と応援歌「東京音頭」も披露

デビュー20周年を迎え、同記念シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シ

三山ひろし&純烈002
■三山ひろしと純烈が一日限りのスペシャルライブ。昨年の紅白のステージを再現し、純烈もけん玉に挑戦

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が主催する

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那まつりで歌唱イベント。伊那市観光大使として地元ファンらの前で新曲など4曲熱唱

デビュー24年目を迎え、通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(

福田みのる(その3)
■福田みのるが62歳の誕生日に東京・赤坂でバースデーランチショー。多くのカバー曲にもチャレンジ

最新シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(発売・徳間ジャパンコミュニ

水森かおり(その4)
■水森かおりが、人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンとデュエット曲「笑顔で遠まわり」を3人で初披露

デビュー24年目を迎え、最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる