*

森昌子 尊敬する美空ひばりさんとの長年にわたる競演を実現!映像でコラボ

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , ,

9月18日、デビュー43年目を迎え、最新シングル「花魁」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・森昌子さんが、東京・中野区のサンプラザホールで「美空ひばり&森昌子 奇跡の競演コンサート」と銘打ったコンサートを開きました。

201409180002

昭和47年、13歳で歌手デビューした彼女の歌手としての才能を誰よりも早く見初めた故国民的歌手・美空ひばりさんは、亡くなるまでの17年間にわたって森さんを公私ともに可愛がり、多くの指導と愛情を注いできたが、そんな尊敬するひばりさんといつか共演したいと願い、今回、その長年の夢が実現したもの。
会場は約2000人の熱烈なファンで満席の中、

「私、森昌子にとっても美空ひばりさんは特別な存在です。もしひばりさんがいなかったら私は歌手の道を歩んでいなかったかもしれません。私は、ひばりさんの深い愛に包まれながら歌ってきたのです。この企画を夢にまで見ておりました。大変ドキドキしておりますが、今日は皆さまとこの時間、このひとときを楽しく過ごしてまいりたいと思います」

とあいさつ。

201409180001

秘蔵映像や斬新な演出、揃いの衣装での共演などを交えながらひばりさんのヒット曲から「悲しき口笛」をはじめ、「東京キッド」「港町十三番地」「リンゴ追分」「お祭りマンボ」、森の学園三部作メドレーから「せんせい」「同級生」「中学三年生」、おなじみのヒット曲から「立待岬」「越冬つばめ」「哀しみ本線日本海」、それに新曲「花魁」など、ひばりさんの映像での歌とメドレーを含む全13曲を熱唱しました。
歌い終わって、

「念願だったひばりさんとのコンサートができて、満足感と充実感でいっぱいです。様々な場面でいろんな思い出がよみがえってきました。ひばりさんにはいつも歌のレッスンをしていただきまして、14、15、16歳の3年間は特に密度が濃かったです。歌に対しては厳しい方でしたが、レッスンは全然厳しくなかったですし、その他のことに関してはすごく身近な存在に感じました。もしひばりさんが生きていらっしゃったら『いまの私はどうですか?』と聞いてみたいですね。いまでももちろんお会いしたいですが、いつも私の心の中にいらっしゃいますから…」

と話していました。
また、同公演を見ていたひばりプロダクションの加藤和也社長は

「昌子さんと初めてお会いしたのは、僕が6歳ぐらいのときでして、そのときお写真を一緒に撮っていただきました。今日は、僕が知らなかった昌子さんと母との交流を映像を通して見せていただいて感無量です」

と笑顔を見せていました。
なお、「せんせい」「哀しみ本線日本海」「越冬つばめ」など大ヒット7曲を新たにレコーディングしたベストアルバム「森昌子ベスト15~今、あなたへ~」が今月17日に発売。
201409180003

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる