*

森昌子がアイドルの聖地、ラゾーナ川崎で新曲イベント。ファンら1400人が

公開日: : ニュース ,

60枚目の最新シングル「惚れさせ上手」(詞・阿木燿子、曲・宇崎竜童)=キングレコードから3月4日発売=がロングセラー中の演歌歌手・森昌子(56)

森昌子イベント画像1

6日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎プラザ・ルーファ広場グランドステージで新曲イベントを開いた。

 アイドルの聖地とも言われている同所での初イベントに約1400人のファンや買い物客らが詰めかける中、「土曜日のお忙しい中、お集まりいただきまして本当にうれしく思います。

 今日は、私の新曲『惚れさせ上手』を皆さまにぜひ聴いていただきたいなと思ってラゾーナ川崎にやってまいりました。きのうはあれだけの雨が降っていたので今日はちょっと心配だったんですけれども、今日はそんなに暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいい天気になってくれてよかったです。実は、私は晴れ女でして、どこに行っても晴れてしまうんです」と挨拶。

森昌子イベント画像2

 終始、中高年ファンたちの熱い声援が飛び交う中、新曲「惚れさせ上手」をはじめ、学園三部作メドレーから「せんせい」「同級生」「中学三年生」、洋画主題歌の日本語カバーと朗読で構成したアルバム「時の過ぎゆくまま~心のスクリーン~」(昨年3月5日発売)から「慕情」、過去の大ヒット曲から「越冬つばめ」「哀しみ本線日本海」、それに再度、新曲の全6曲を熱唱。

森昌子イベント画像3
 その後、ファン一人ひとりと握手を交わした彼女は「今度の新曲『惚れさせ上手』は、前作『花魁』と同じ阿木燿子さん作詞、宇崎竜童さん作曲による作品でして、ノリのいい、明るい歌いやすい曲ですが、昨今、暗いニュースが多い中で、前向きに元気に生きていこうという応援歌でもあるんです」とPR。

 ロック調の歌謡曲の新曲を軽快なリズムに乗りながら元気いっぱいに披露し、「今日は、たくさんの方に新曲を聴いていただきましたので、中には『私もカラオケで歌ってみようかな』と思ってくださった方もきっといらっしゃると思うんです。ですから、いろんな年齢層の方にこの新曲を聴いて、歌っていただきたいですね。何しろアイドルの聖地で歌っちゃいましたので、それがうれしかったです」と笑顔で話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる