*

森昌子がアイドルの聖地、ラゾーナ川崎で新曲イベント。ファンら1400人が

公開日: : ニュース ,

60枚目の最新シングル「惚れさせ上手」(詞・阿木燿子、曲・宇崎竜童)=キングレコードから3月4日発売=がロングセラー中の演歌歌手・森昌子(56)

森昌子イベント画像1

6日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎プラザ・ルーファ広場グランドステージで新曲イベントを開いた。

 アイドルの聖地とも言われている同所での初イベントに約1400人のファンや買い物客らが詰めかける中、「土曜日のお忙しい中、お集まりいただきまして本当にうれしく思います。

 今日は、私の新曲『惚れさせ上手』を皆さまにぜひ聴いていただきたいなと思ってラゾーナ川崎にやってまいりました。きのうはあれだけの雨が降っていたので今日はちょっと心配だったんですけれども、今日はそんなに暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいい天気になってくれてよかったです。実は、私は晴れ女でして、どこに行っても晴れてしまうんです」と挨拶。

森昌子イベント画像2

 終始、中高年ファンたちの熱い声援が飛び交う中、新曲「惚れさせ上手」をはじめ、学園三部作メドレーから「せんせい」「同級生」「中学三年生」、洋画主題歌の日本語カバーと朗読で構成したアルバム「時の過ぎゆくまま~心のスクリーン~」(昨年3月5日発売)から「慕情」、過去の大ヒット曲から「越冬つばめ」「哀しみ本線日本海」、それに再度、新曲の全6曲を熱唱。

森昌子イベント画像3
 その後、ファン一人ひとりと握手を交わした彼女は「今度の新曲『惚れさせ上手』は、前作『花魁』と同じ阿木燿子さん作詞、宇崎竜童さん作曲による作品でして、ノリのいい、明るい歌いやすい曲ですが、昨今、暗いニュースが多い中で、前向きに元気に生きていこうという応援歌でもあるんです」とPR。

 ロック調の歌謡曲の新曲を軽快なリズムに乗りながら元気いっぱいに披露し、「今日は、たくさんの方に新曲を聴いていただきましたので、中には『私もカラオケで歌ってみようかな』と思ってくださった方もきっといらっしゃると思うんです。ですから、いろんな年齢層の方にこの新曲を聴いて、歌っていただきたいですね。何しろアイドルの聖地で歌っちゃいましたので、それがうれしかったです」と笑顔で話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる