*

森昌子がアイドルの聖地、ラゾーナ川崎で新曲イベント。ファンら1400人が

公開日: : ニュース ,

60枚目の最新シングル「惚れさせ上手」(詞・阿木燿子、曲・宇崎竜童)=キングレコードから3月4日発売=がロングセラー中の演歌歌手・森昌子(56)

森昌子イベント画像1

6日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎プラザ・ルーファ広場グランドステージで新曲イベントを開いた。

 アイドルの聖地とも言われている同所での初イベントに約1400人のファンや買い物客らが詰めかける中、「土曜日のお忙しい中、お集まりいただきまして本当にうれしく思います。

 今日は、私の新曲『惚れさせ上手』を皆さまにぜひ聴いていただきたいなと思ってラゾーナ川崎にやってまいりました。きのうはあれだけの雨が降っていたので今日はちょっと心配だったんですけれども、今日はそんなに暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいい天気になってくれてよかったです。実は、私は晴れ女でして、どこに行っても晴れてしまうんです」と挨拶。

森昌子イベント画像2

 終始、中高年ファンたちの熱い声援が飛び交う中、新曲「惚れさせ上手」をはじめ、学園三部作メドレーから「せんせい」「同級生」「中学三年生」、洋画主題歌の日本語カバーと朗読で構成したアルバム「時の過ぎゆくまま~心のスクリーン~」(昨年3月5日発売)から「慕情」、過去の大ヒット曲から「越冬つばめ」「哀しみ本線日本海」、それに再度、新曲の全6曲を熱唱。

森昌子イベント画像3
 その後、ファン一人ひとりと握手を交わした彼女は「今度の新曲『惚れさせ上手』は、前作『花魁』と同じ阿木燿子さん作詞、宇崎竜童さん作曲による作品でして、ノリのいい、明るい歌いやすい曲ですが、昨今、暗いニュースが多い中で、前向きに元気に生きていこうという応援歌でもあるんです」とPR。

 ロック調の歌謡曲の新曲を軽快なリズムに乗りながら元気いっぱいに披露し、「今日は、たくさんの方に新曲を聴いていただきましたので、中には『私もカラオケで歌ってみようかな』と思ってくださった方もきっといらっしゃると思うんです。ですから、いろんな年齢層の方にこの新曲を聴いて、歌っていただきたいですね。何しろアイドルの聖地で歌っちゃいましたので、それがうれしかったです」と笑顔で話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

クミコ(その2)
■クミコが原点のシャンソニエで、大反響の詩「七日間」と書籍から誕生した純愛のうた「妻が願った最期の『七日間』」を披露

銀巴里が生んだ最後の歌姫として5年ぶりにリリースしたシャンソンフルアル

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる