*

伊藤咲子 4年ぶりの新曲「ラスト・メール」発売!記念お披露目懇親会

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

10月21日、今年で40周年を迎えた歌手・伊藤咲子さんが、今月22日に4年ぶりの新曲で、日本コロムビア移籍第1弾シングル「ラスト・メール」(詞・円香乃、曲・合田道人)を発売するのを記念して、東京・銀座の太常うどんで新曲お披露目懇親会を開きました。

201410210003

約50人のマスコミ関係者が詰めかける中、

「これから皆さまと、おうどんのように腰のあるお付き合いをさせていただきたいなと思いまして、こちらの屋号が『太常(だいつね)』さんで、常に太く長くといいますか、よろしくお願い致しますという意味を込めて、新曲のお披露目懇親会をこちらでやらせていただくことになりました。このお店のみさおママ(川北操)さんとはとても仲良くさせていただいています」

とあいさつしてから新曲を披露。

「初めてこの歌詞をいただいたときは、『ラスト・メール』という何といまどきのタイトルなのかなと思いました。私のこの年代だって普通にメールのやりとりをしますし、きっと同世代の方やたくさんの方が共感してくださるんじゃないかなと思います。メロディーも歌詞もわかりやすくて、すごく歌いやすい曲だなと、いま歌っていてもそう感じます。一人でも多くの方に聴いていただいて、覚えていただいて、歌っていただきたいですね」

その後、参加者たちが同店の評判のうどんや料理を食べながら和気あいあいの雰囲気で盛り上がる中、各テーブルを回って1人ひとりにあいさつした彼女は、新曲に続いて、同カップリング曲「真夜中のふたり」、同シングルのボーナストラックに収録(再録音)した1974年発売の自身最大のヒット曲「木枯らしの二人」のニューバージョンを歌い、さらに所属事務所「ミュージックオフィス合田」の社長で、作曲者でもある合田道人さんのピアノ伴奏で再度、新曲とデビュー曲「ひまわり娘」の全5曲を熱唱しました。

201410210002

その中で、合田さんは

「伊藤咲子は、10年前の30周年のときからうちの事務所で預からせていただいていますが、次の世代に伊藤咲子という名前が1人でも2人でも多く伝わっていければいいなと思いますので、皆さんのお力をお借りしたいと思います」

とあいさつ。
最後まで緊張しながらも1曲1曲、心を込めて歌い上げ、

「まさか40周年にこんなすてきな曲を出させていただけるなんて夢にも思っておりませんでした。いまは新人のときの気持ちに戻っています。初心を忘れないで、いまの気持ちを忘れないでこの『ラスト・メール』をこれから精いっぱい歌っていきたいと思います」

「いま56歳ですが、必死に頑張ります。体力だけは自信がありますので、キャンペーンでどこにでも飛んでいく覚悟でございます。11月は1日のお休みもありませんが、きっとその積み重ねがいつの日か実を結んでくれるのではないかなと、それを信じて頑張っていきます」

と、新曲に並々ならぬ意欲を燃やしていました。
201410210001

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる