*

岩本公水 栃木・道の駅「湧水の郷しおや」で新曲発表会 作曲した船村徹氏も参加

 2014年2月23日、岩本公水さんが栃木・塩谷町の道の駅「湧水の郷しおや」で、デビュー20周年記念シングル「道の駅」の新曲発表イベントを行いました。

岩本公水「道の駅」発表会 船村徹氏と

この曲は、全国に1000ヶ所以上存在する「道の駅」を舞台に、故郷に向かう一人の女性が新しい未来を切り拓こうとする姿を繊細かつメランコリックに描いた詞に、ブルース調の聴ごたえある船村メロディーが付いた正統派演歌。岩本さんが船村作品をリリースするのはこれが初めてです。

道の駅の“一日駅長”に

今回のイベントは、同曲を作曲した船村徹氏が生まれ育った旧船生村(ふにゅうむら:現在の栃木県塩谷町)の道の駅「湧水の郷しおや」で、岩本さんが“一日駅長”を務めるとともに、ミニコンサートを実施しました。

→「携帯で演歌」で、新曲「道の駅」「秋桜だより」をはじめ岩本公水の楽曲を配信中!

作曲した船村氏をはじめ、作詞のさわだすずこ氏、編曲の蔦将包氏も駆けつけました。
多目的ホールに約200人の地元ファンらが詰めかけた中、岩本さんが挨拶。

岩本公水「道の駅」発表会

「20年を迎えさせていただきまして、ひとことで言うと早いなあと思います。20年という節目の年にまた新たなスタートをこうやって切らせていただける歌にめぐり会えて本当に幸せです。今日、この場所を皮切りにいろんな『道の駅』で歌うキャンペーンが始まりますのでよろしくお願いします」(岩本さん)

新曲「道の駅」をはじめ、同カップリング曲「秋桜だより」、「こまくさ帰行」「演歌はいいね」、船村作品から北島三郎の「風雪ながれ旅」など全7曲を熱唱しました。

その中で、同駅の一日駅長の委嘱式が行われ、塩谷町の見形和久町長から委嘱状とタスキが手渡され、栃木県のゆるキャラ「ユリピー」も応援に駆けつけ、ステージを盛り上げました。

船村徹氏からもお墨付き

岩本公水「道の駅」発表会 船村徹氏と

岩本さんのすぐ横で歌を聴いた船村徹氏。

「歌がうまいねえ。低音にも幅があるね。彼女にはもう少し落ち着いた歌があってもいいんじゃないかということで作ったのが、この『道の駅』です。北海道から沖縄までたくさんの『道の駅』があるので、全国を回ってぜひヒットさせてください」(船村氏)

とエールを送っていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる