*

岩本公水 栃木・道の駅「湧水の郷しおや」で新曲発表会 作曲した船村徹氏も参加

 2014年2月23日、岩本公水さんが栃木・塩谷町の道の駅「湧水の郷しおや」で、デビュー20周年記念シングル「道の駅」の新曲発表イベントを行いました。

岩本公水「道の駅」発表会 船村徹氏と

この曲は、全国に1000ヶ所以上存在する「道の駅」を舞台に、故郷に向かう一人の女性が新しい未来を切り拓こうとする姿を繊細かつメランコリックに描いた詞に、ブルース調の聴ごたえある船村メロディーが付いた正統派演歌。岩本さんが船村作品をリリースするのはこれが初めてです。

道の駅の“一日駅長”に

今回のイベントは、同曲を作曲した船村徹氏が生まれ育った旧船生村(ふにゅうむら:現在の栃木県塩谷町)の道の駅「湧水の郷しおや」で、岩本さんが“一日駅長”を務めるとともに、ミニコンサートを実施しました。

→「携帯で演歌」で、新曲「道の駅」「秋桜だより」をはじめ岩本公水の楽曲を配信中!

作曲した船村氏をはじめ、作詞のさわだすずこ氏、編曲の蔦将包氏も駆けつけました。
多目的ホールに約200人の地元ファンらが詰めかけた中、岩本さんが挨拶。

岩本公水「道の駅」発表会

「20年を迎えさせていただきまして、ひとことで言うと早いなあと思います。20年という節目の年にまた新たなスタートをこうやって切らせていただける歌にめぐり会えて本当に幸せです。今日、この場所を皮切りにいろんな『道の駅』で歌うキャンペーンが始まりますのでよろしくお願いします」(岩本さん)

新曲「道の駅」をはじめ、同カップリング曲「秋桜だより」、「こまくさ帰行」「演歌はいいね」、船村作品から北島三郎の「風雪ながれ旅」など全7曲を熱唱しました。

その中で、同駅の一日駅長の委嘱式が行われ、塩谷町の見形和久町長から委嘱状とタスキが手渡され、栃木県のゆるキャラ「ユリピー」も応援に駆けつけ、ステージを盛り上げました。

船村徹氏からもお墨付き

岩本公水「道の駅」発表会 船村徹氏と

岩本さんのすぐ横で歌を聴いた船村徹氏。

「歌がうまいねえ。低音にも幅があるね。彼女にはもう少し落ち着いた歌があってもいいんじゃないかということで作ったのが、この『道の駅』です。北海道から沖縄までたくさんの『道の駅』があるので、全国を回ってぜひヒットさせてください」(船村氏)

とエールを送っていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる