*

■伊藤銀次がデビュー45周年記念ライブ。杉真理、EPO、高野寛、佐野元春も出演

公開日: : 最終更新日:2017/10/25 ニュース

シンガー・ソングライター、アレンジャー、プロデューサー、ギタリストと多才な才能を発揮しながら日本の音楽シーンを牽引し続けた伊藤銀次(66)が10月20日、東京・六本木のビルボードライブ東京で「45年目のウキウキミュージック~The 45th anniversary~」と銘打ったデビュー45周年記念ライブを開いた。

伊藤銀次(その1)

1972年、バンド「ごまのはえ」(のちの「ココナツ・バンク」)でデビューして45年。これまでにウルフルズ、佐野元春、沢田研二らのプロデューサーやフジテレビ系「笑っていいとも!」のテーマソング「ウキウキ Watching」の作曲なども手がけ、1977年に初のソロアルバム「DEADLY DRIVE」を発表。

デビュー45周年を迎えた今年は、10月25日に通算14枚目となるオリジナル・ソロアルバムで、作詞陣に売野雅勇、杉真理、太田裕美を迎えたニュー・アルバム「MAGIC TIME」をベルウッド・レコードから発売する。

伊藤銀次(その2)

 そんな日本の音楽シーンの第一線で活躍してきた彼の45周年イヤーを締めくくるこの日のレジェンドライブに、杉真理、EPO、高野寛、佐野元春という豪華ゲストミュージシャンが駆けつける中、伊藤は「Twilight Symphony」をはじめ、「風になれるなら」「ウキウキ Watching」「BABY BLUE」などを熱唱。

 また、ゲストの高野と「虹の都へ」、EPOと「う、ふ、ふ、ふ」、杉と「いとしのテラ」、佐野と「A面で恋をして」「I‘m in Blue」と、それぞれのアーティストの代表曲を一緒に披露。

伊藤銀次(その3)

 その中で伊藤は「これまでいろんな音楽をやってきましたが、45年たって、うしろをふっと振り返ったとき、ずっと変わらずにあったものは、みんなに喜んでもらえる、みんなが僕の音楽でハッピーになってくれるといいと思ったこと…。これからも僕はさらに確信をもって伊藤銀次のウキウキミュージックをやっていきたい」と話していた。

 最後にゲストメンバー全員がステージに勢ぞろいし、山下達郎を中心に結成され、伊藤もメンバーだった伝説のバンド「シュガー・ベイブ」のヒット曲「DOWN TOWN」(詞・伊藤銀次、曲・山下達郎)を全員で歌い、ゲストの曲と合わせて全12曲の豪華プログラムで満員の客席を存分に楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる