*

■伊藤銀次がデビュー45周年記念ライブ。杉真理、EPO、高野寛、佐野元春も出演

公開日: : 最終更新日:2017/10/25 ニュース

シンガー・ソングライター、アレンジャー、プロデューサー、ギタリストと多才な才能を発揮しながら日本の音楽シーンを牽引し続けた伊藤銀次(66)が10月20日、東京・六本木のビルボードライブ東京で「45年目のウキウキミュージック~The 45th anniversary~」と銘打ったデビュー45周年記念ライブを開いた。

伊藤銀次(その1)

1972年、バンド「ごまのはえ」(のちの「ココナツ・バンク」)でデビューして45年。これまでにウルフルズ、佐野元春、沢田研二らのプロデューサーやフジテレビ系「笑っていいとも!」のテーマソング「ウキウキ Watching」の作曲なども手がけ、1977年に初のソロアルバム「DEADLY DRIVE」を発表。

デビュー45周年を迎えた今年は、10月25日に通算14枚目となるオリジナル・ソロアルバムで、作詞陣に売野雅勇、杉真理、太田裕美を迎えたニュー・アルバム「MAGIC TIME」をベルウッド・レコードから発売する。

伊藤銀次(その2)

 そんな日本の音楽シーンの第一線で活躍してきた彼の45周年イヤーを締めくくるこの日のレジェンドライブに、杉真理、EPO、高野寛、佐野元春という豪華ゲストミュージシャンが駆けつける中、伊藤は「Twilight Symphony」をはじめ、「風になれるなら」「ウキウキ Watching」「BABY BLUE」などを熱唱。

 また、ゲストの高野と「虹の都へ」、EPOと「う、ふ、ふ、ふ」、杉と「いとしのテラ」、佐野と「A面で恋をして」「I‘m in Blue」と、それぞれのアーティストの代表曲を一緒に披露。

伊藤銀次(その3)

 その中で伊藤は「これまでいろんな音楽をやってきましたが、45年たって、うしろをふっと振り返ったとき、ずっと変わらずにあったものは、みんなに喜んでもらえる、みんなが僕の音楽でハッピーになってくれるといいと思ったこと…。これからも僕はさらに確信をもって伊藤銀次のウキウキミュージックをやっていきたい」と話していた。

 最後にゲストメンバー全員がステージに勢ぞろいし、山下達郎を中心に結成され、伊藤もメンバーだった伝説のバンド「シュガー・ベイブ」のヒット曲「DOWN TOWN」(詞・伊藤銀次、曲・山下達郎)を全員で歌い、ゲストの曲と合わせて全12曲の豪華プログラムで満員の客席を存分に楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
氷川きよし(その2)
■氷川きよしがプロ野球「東京ヤクルト×阪神戦」で始球式。新曲「大丈夫」と応援歌「東京音頭」も披露

デビュー20周年を迎え、同記念シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シ

三山ひろし&純烈002
■三山ひろしと純烈が一日限りのスペシャルライブ。昨年の紅白のステージを再現し、純烈もけん玉に挑戦

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が主催する

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那まつりで歌唱イベント。伊那市観光大使として地元ファンらの前で新曲など4曲熱唱

デビュー24年目を迎え、通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(

福田みのる(その3)
■福田みのるが62歳の誕生日に東京・赤坂でバースデーランチショー。多くのカバー曲にもチャレンジ

最新シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(発売・徳間ジャパンコミュニ

水森かおり(その4)
■水森かおりが、人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンとデュエット曲「笑顔で遠まわり」を3人で初披露

デビュー24年目を迎え、最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる