*

■「みんかよ音楽祭」の5回目は、青山和子、北野都ら全9アーティストが競演

「みんかよ」の愛称で親しまれている演歌・歌謡曲の月刊フリーペーパー「みんなの歌謡曲」(発行人・安松明)が主催する「みんかよ音楽祭」が2日、東京・豊島区の南大塚ホールで開かれた。

みんかよ音楽祭(その1)

同音楽祭は、昨年2月にスタートしてこの日が5回目。今回は、「愛と死を見つめて」「青い山脈」などの大ヒットで知られるベテラン歌手・青山和子(70)をはじめ、北野都、高木ちえ美、小林舞弥、内藤やすお、青山友貴、奈月れい、沢田正人、五条哲也の全9アーティストが出演。

 約260席の会場は、それぞれのファンたちで満席の中、司会者・ナナオと歌手・高木ちえ美の司会・進行で幕を開け、出演者を代表して北野都が「本日は皆さま、ようこそお越しいただきましてありがとうございます。今日は初めてお会いする方もいらっしゃると思いますので、みんなで一生懸命歌わせていただきます」と笑顔であいさつ。

みんかよ音楽祭(その2)

 その北野都は、「納沙布岬」をはじめ、小椋佳とのデュエット曲「改めて恋は妙」、最新シングル「唐桑半島」などを披露し、続いて高木ちえ美は「未練でしょうか」、小林舞弥は「別れてあげない」、内藤やすおは「古来稀(こらいまれ)なり」、青山友貴は「那須与一」、奈月れいは「明日へ」、沢田正人は「ヴィーナスの企み」、五条哲也は「あきらめ上手」などを熱唱。

 スペシャルゲストの青山和子はトリを務め、代表曲「愛と死をみつめて」をはじめ、新曲「最後の初恋」、大ヒット曲「青い山脈」など全4曲を披露し、出演歌手全員で全34曲というバラエティーに富んだプログラムで最後まで客席を楽しませた。

みんかよ音楽祭(その3)

 その中で、青山和子を囲んでのトークコーナーがあり、内藤やすおからの「私はいままで、私生活は純愛ひとすじできたのですが、青山先生は純愛できたのでしょうか?」という質問に、「歌は純愛を守っております。私生活は、いまから7年前に結婚いたしました。私たちの結婚は、ラブラブの結婚ではなくて、私より主人=元「敏いとうとハッピー&ブルー」のボーカル・神戸たかしさん=は年齢が5つも下なものですから、『先輩が倒れたら面倒をみてくれる人がいないと困るので、僕は介護の専門でいきたいと思います』(とプロポーズされ)、『それなら介護士として来てくれる』と言って結婚しました。これは純粋だと思います」と答え、場内を沸かせるシーンもあった。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる