*

「みんかよ音楽祭」の3回目は、森本英世、北野まち子ら全10アーティストが3時間半超にわたって競演

「みんかよ」の愛称で知られる演歌・歌謡曲ファンのための月刊フリーペーパー「みんなの歌謡曲」(発行人・安松明)が主催する「みんかよ音楽祭」が6日、東京・豊島区の南大塚ホールで開かれ、敏いとうとハッピー&ブルーで10年間、リードボーカルを務めた後、ソロ歌手になり、今年でデビュー45周年を迎えた森本英世(66)ら全10アーティストが競演した。

みんかよ音楽祭(その1)

同紙150号発行を記念して今年2月からスタートした「みんかよ音楽祭」で、今回で3回目。過去2回ともバラエティーに富んだアーティストたちが出演して好評を博したが、今回は、森本をはじめ、北野まち子、桐生大輔、津吹みゆ、沢田正人、中里アミ、千葉山貴公、美月優、こおり健太、それに1回目から出演している高木ちえ美の個性あふれる全10アーティストが勢ぞろい。

みんかよ音楽祭(その2)

約270席の会場は、それぞれのアーティストのファンたちで満席となり、オープニングの幕が開くと同時に熱い声援が飛び交う中、司会者・ナナオとアシスタント役の歌手・高木ちえ美が出演アーティストの紹介をした後、出演者を代表してゲストの北野まち子が「皆さまの盛り上がりぶりにびっくりしました。まるでアイドルのコンサートに来たのかなという感じがしました。今日は、若手の皆さんと一緒にこの『みんかよ音楽祭』を盛り上げていきたいと思います。いまのように会場の皆さまにも最後まで大きな声援で応援をいただけたらなと思います。一生懸命、心を込めてみんなで頑張って歌います」とあいさつして前作シングル「女 いのち川」や新曲「今治みれん雨」を歌ったのをはじめ、桐生は「紅色は口唇」、津吹は「会津・山の神」、沢田は「夢を探して」、中里は「ひとり四国路」、千葉山は「銀の指輪」、美月は「夢ひとつ」、こおりは「山吹の花」、高木は「未練でしょうか」などを披露。

みんかよ音楽祭(その3)

トリはスペシャルゲストの森本英世が務め、「楽屋のほうで皆さんの歌をじっくり聴かせていただいていましたが、びっくりするくらい歌唱力はあるわ、ルックスはいいわで、この中からむちゃくちゃ伸びてくる方がたくさんいることを願いながら私も歌わせていただきます」とあいさつし、ハッピー&ブルー時代のヒット曲から「よせばいいのに」「星降る街角」「わたし祈ってます」、同グループ加入前、新田洋の芸名で大ヒットさせたTVアニメ主題歌「行け!タイガーマスク」、それに最新シングルの45周年記念曲「涙にぬれる大阪の女」などを熱唱した。

みんかよ音楽祭(その4)

また、出演者全員で東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌ったり、美月の33歳のバースデー(10月6日生まれ)を全員で祝ったりするなど、全42曲のバラエティーに富んだプログラムで3時間半超にわたって最後まで満員の客席を楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる