*

■市川由紀乃が川崎市の新城神社の盆踊り大会に2年連続ゲスト出演。新曲「心かさねて」など熱唱

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 ニュース

新曲「心かさねて」(キングレコードから4月20日発売)が、オリコン演歌週間ランキング初登場1位を獲得して以来、15週連続ベストテン=8月8日付は5位=をキープしながらロングヒット中の演歌歌手・市川由紀乃(40)が1、2日の両日、神奈川・川崎市の新城神社で開催された「納涼盆踊り大会」の初日にゲスト出演した。

市川由紀乃(その1)

同盆踊り大会は、昨年に続いて2度目の出演。昨年は、前作シングル「命咲かせて」のカップリング曲「由紀乃太鼓」が川崎市の人たちの間で盛んに歌われていることから同市(川崎市中原区)に住んでいるキング舞踊普及会教授で、若柳流師範の若柳吉佐(わかやぎ・きちさ)さんが同曲の振り付けを手がけ、市川の歌に合わせて大勢の人たちが踊って大好評を博した。そこで今年もぜひ歌ってほしいという地元の人たちの熱い要望にこたえて、2年連続でゲスト出演することになったもの。

市川由紀乃(その2)

 境内には約500人の人たちが詰めかけ、「由紀乃ちゃ~ん!」という熱い由紀乃コールも飛び交う中、やぐらの上に立って「こうしてまた1年ぶりに皆さまにお目にかかれるひとときに感謝しながら最後まで精いっぱい歌わせていただきます」と笑顔であいさつし、前作「命咲かせて」と新曲「心かさねて」を熱唱。

 その後、「由紀乃太鼓」を披露し、同曲に合わせて浴衣姿の町内会の人たちや参加者全員が、やぐらの周囲を回りながら元気に楽しく踊って最後まで盛り上がった。

市川由紀乃(その3)

 「若柳先生とは7年ぐらい前に知り合い、それから親しくお付き合いさせていただいていますが、以前から私の新曲が出るたびに応援してくださっていて、その新曲に振り付けをしてはお弟子さんたちと一緒に踊ってくださっています。実は、前作『命咲かせて』のカップリング曲『由紀乃太鼓』をレコーディングしたとき、とても乗りのいい作品なので、盆踊りなどで皆さんが輪になって踊っていただいて、そこで自分が歌うのが夢でもあったので、それが昨年、ここ新城神社の盆踊り大会で実現できたときは本当にうれしかったです。そして、今年もまたお招きいただき、昨年にも増して楽しく歌わせていただきました。何よりも皆さんが私の歌に合わせて笑顔で楽しく踊ってくださっている姿を見て、心から感動しました」

市川由紀乃(その4)

 その若柳さんから「今年こそはぜひ紅白に出てくださいね」と激励されると、市川は「これからまた全国をキャンペーンで回らせていただきますし、コンサートなどもありますので、年末に向かって一人でも多くの方に『心かさねて』を聴いていただき、今年こそはデビューのときからの夢でもある紅白のステージを目指して頑張ります」と、さらなる意欲を燃やしていた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる