*

■市川由紀乃の新曲「心かさねて」キャンペーンミニライブに1200人が殺到

公開日: : ニュース

最新シングル「心かさねて」(詞・石原信一、曲・幸耕平)=キングレコードから4月20日発売=がヒット中の演歌歌手・市川由紀乃(40)が2日、埼玉・久喜市のモラージュ菖蒲・滝のコートで新曲発売記念キャンペーンミニライブを開いた。

市川由紀乃(その1)

昼2回のステージにそれぞれ約600人、合わせて約1200人の熱烈なファンや買い物客が詰めかけ、熱い声援が飛び交う中、「こんなにたくさんのお客さまに足をお運びいただき、足を止めてお聴きいただいて本当に幸せです。今日はモラージュ菖蒲さんにおじゃまさせていただきました。私の地元、埼玉でございます。浦和で生まれ、越谷で育った市川由紀乃は、このステージに何度も立たせていただいてとても幸せです。このステージに立った瞬間、思わず込み上げてくるものが多くて、涙が出そうになりますが、この喜びを歌に変えて、お越しいただいたお客さまが期待できるようこれからの時間を精いっぱい務めさせていただきます」と笑顔であいさつ。

市川由紀乃(その2)

 新曲「心かさねて」をはじめ、「海峡出船」「命咲かせて」、新曲のカップリング曲「あなたの港」、それに再度、新曲の全5曲を熱唱。

 1曲1曲、心を込めて歌い、「皆さまのお顔をじっくりと拝見させていただきながら皆さまに対して一日も早くご恩返しができるように頑張っていきたいなと思っています。たくさんのご恩返しがあると思うんですけれども、一番は健康です。皆さまが健康で日々暮らしていけること。そして、長く皆さまに愛していただけるように人間としても磨いていき、一日でも長く歌手というお仕事が務めていけるよう市川由紀乃として私はずっとこれからも生き続けていきたいという思いでいっぱいです。今度の新曲『心かさねて』も皆さまに長く愛していただけるように務めてまいりたいと思います。皆さまと心をひとつに重ね、この『心かさねて』でまた下半期、頑張ってまいります」と話していた。

市川由紀乃(その3)

 ミニライブ終了後、サイン会を行い、CDを購入したファン一人ひとりにサイン色紙をプレゼントし、2ショット撮影会も行った。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
伊藤銀次(その1)
■伊藤銀次がデビュー45周年記念ライブ。杉真理、EPO、高野寛、佐野元春も出演

シンガー・ソングライター、アレンジャー、プロデューサー、ギタリストと多

ラピスラズリ(その2)
■クラシカル・クロスオーバーの歌姫、ラピスラズリがメジャー後、初のミニライブ。全5曲を熱唱

いま話題のクラシカル・クロスオーバーの美人歌姫、ラピスラズリ(年齢非公

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が東京湾岸警察署の一日署長を務め、自らの防犯も紹介。ミニコンサートでは新曲など全6曲熱唱

第6弾シングル「鯖街道」(徳間ジャパンコミュニケーションズから1月10

三山ひろし(その3)
■三山ひろしが「歌謡ポップスチャンネル」の特番「三山ひろし探検隊シリーズ」で、東京の珍スポット5カ所をロケ探検。放送は11月23日

新曲「男の流儀」がヒット中の演歌歌手・三山ひろし(37)が、WOWOW

走-裕介(その2)
■走裕介が初のライブツアー初日を東京・蒲田ニューエイトで。新曲「男の駅」など全17曲熱唱

デビュー9年目を迎え、師匠の作曲家・船村徹さんが2012年に書き下ろし

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる