*

■「みんかよ音楽祭」の4回目は佳山明生ら全10人のアーティストが3時間半競演

みんかよ」の愛称で知られる演歌・歌謡曲の月刊フリーペーパー「みんなの歌謡曲」(発行人・安松明)が主催する「みんかよ音楽祭」が23日、東京・豊島区の南大塚ホールで開かれ、今年でデビュー44周年を迎えるベテラン演歌歌手・佳山明生(64)ら全10アーティストが共演し、賑やかな音楽祭が繰り広げられた。

みんかよ音楽祭(その1)

同音楽祭は、昨年2月にスタートして今回で4回目。同紙を創刊当初から応援し、1回目にも出演した佳山明生をはじめ、松阪ゆうき、関口マサト、瀬生ひろ菜、伊達ゆうた、浅野祥、せきぐちゆき、高木ちえ美、紀藤ヒロシ、梓夕子の全10人が共演。

 約260席の会場は、それぞれのファンらで満席の中、司会者・ナナオと歌手・高木ちえ美の司会・進行で幕を開け、オープニングで出演者全員が勢ぞろいした後、佳山が「今日は『みんかよ音楽祭』にようこそいらっしゃいました。若手もみんな頑張っています。今日は皆さんの前で一生懸命歌いますので、一生懸命拍手して、応援していただきたいと思います。どうぞ最後までゆっくり楽しんで帰ってください」とあいさつし、大ヒット曲「氷雨」を披露。

みんかよ音楽祭(その2)

 その後、松阪が「ふるさと帰り」、関口が「捨て猫」、瀬生が「いのち」、伊達が「草津湯けむり恋太郎」、浅野が「忠治が泣いている」、せきぐちが「LADY SNOW」、高木が「未練でしょうか」、紀藤が「死ぬまでだまして」、それにスペシャルゲストの梓が「おかえり…ただいま」「心に愛を…」などを熱唱。

みんかよ音楽祭(その3)

 途中、デュエットコーナーで、佳山と梓が「麦畑」、佳山と瀬生が「かけおちスペシャル」を歌い、「麦畑」では佳山のコミカルなしぐさと歌唱ぶりに客席は大爆笑。
 トリは、もう一人のスペシャルゲストの佳山が務め、「こんな女のブルース」をはじめ、「わがまま」「こころの翼」、それに新曲「歌一生」を歌いながら「今日はみんなイケメンばかりで、歌もうまいし、才能のある人ばかりですので、皆さん、応援してあげてくださいね」と若手歌手たちへの期待を込めて客席に呼びかけ、全員で全40曲というバラエティーに富んだプログラムで3時間半にわたって存分に楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる