*

■JMUサマーコンテストに北原ミレイがスペシャルゲスト出演。グランドチャンピオンは前田政子さんに決定!

元日本クラウンで北島三郎や瀬川瑛子らを手がけた音楽プロデューサー・佐藤浩二さんが代表を務める大手カラオケ団体「ジャパンミュージックユニオン」(略称・JMU)が主催する「平成二十八年 JMUサマーコンテスト」が21日、東京・両国の第一ホテル両国で開催され、ベテラン歌手・北原ミレイ(68)をはじめ、桜川けん、原千可江、たけうち信広、北洋子、結城彩の全6アーティストがゲスト出演した。

JMUサマーコンテスト(その1)

同コンテストは「共通段位認定全国大会」と銘打ち、初段からグランプリ部門まで、それぞれの部門で日ごろの歌の成果を審査してもらうために全国から176人の会員が参加。

 作曲家・伊藤雪彦さん、作詞家・山田孝雄さん、作曲家・津軽けんじさんらが審査員を務める中、各部門で一人ひとりがより上のクラスを目指して日ごろから鍛えてきた自慢のノドを披露し合った。

 出場者たちの歌が終了後、ゲストコーナーで、結城彩が「寒牡丹」、北洋子が「風が盗んださようなら」、たけうち信広が「バラのささやき」、原千可江が「帰り着かない旅人」、桜川けんが「心と言う名の夜汽車」などを熱唱。

JMUサマーコンテスト(その2)

 その後、スペシャルゲストの北原ミレイが「皆さん、歌がお上手な方ばかりなので歌いづらいです(笑)。私は『ざんげの値打ちもない』でデビューして46年になりますが、今日は、皆さんの歌を聴かせていただいてとても勉強になりました。短い時間ですけれど、全員で盛り上がっていきましょう!」と笑顔であいさつし、代表曲「石狩挽歌」をはじめ、デビュー曲「ざんげの値打ちもない」、ちあきなおみのカバー曲「かもめの街」、それに最新シングル「港のリリー」など全7曲を歌ってステージに花を添えた。

 最後に出場者全員の中から最も歌唱力があった人に贈られるグランドチャンピオンは、「おんなの海峡」を歌った前田政子さんが受賞した。

JMUサマーコンテスト(その3)

 JMU代表の佐藤浩二さんは「リオデジャネイロで開催のオリンピックで日本選手団の活躍ぶりには連日、大いなる感動を与えてくれましたが、今日の皆さんの数々の歌にもたくさんの元気と感動を与えてくださり、最後までとてもいいコンテストになったと思います」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり写真01
■香西かおりが東京・新宿文化センターで30周年記念リサイタル。ファンに感謝を込めながら全24曲熱唱

弾「わすれ花」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌

大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる