*

■藤原浩が富山・大牧温泉を舞台にした新曲「雪舞いの宿」発表会。仁井谷俊也さんと徳久広司さんも応援に

公開日: : ニュース

デビュー23年目を迎えた演歌歌手・藤原浩(56)が、キングレコードから8月17日にニュー・シングル「雪舞いの宿」(詞・仁井谷俊也、曲・徳久広司)を発売したのを記念して22日、東京・渋谷区のシダックスカルチャーホールで新曲発表会を開いた。

藤原-浩(その1)

新曲は、船でしか渡れない富山県にある秘境「大牧温泉」を舞台に、せつない女ごころをうたった艶歌で、「情緒豊かな大牧温泉を舞台にした曲ですが、あえて女性っぽさを出さず、地声を多様した歌唱法でこの艶歌を歌っています。前作の『越前つばき』はイントロからスケールの大きなアレンジになっていますが、今度の新曲は、前奏はしっとりと、3コーラス歌ったあとはダイナミックにというアレンジで作っていただき、とても歌いがいのある作品をいただきました」と藤原。

 この日は、台風にもかかわらず大勢の熱烈なファンが詰めかける中、オープニングで、ふだん見せることのないレコーディングの様子を収録したビデオ映像を初公開した後、新曲「雪舞いの宿」を披露し、「(台風が来て)本当に大変なことになってしまいました。今日から(「嵐を呼ぶ男」に主演の石原裕次郎さんを文字って)藤原裕次郎に名前を変えようかなと思っています(笑)。台風の中、本当にありがとうございます」とあいさつ。

藤原-浩(その2)

同曲を作詞した仁井谷俊也さんと作曲の徳久広司さん、担当ディレクターの中田信也さん(キングレコード)が応援に駆けつけ、中田ディレクターは「藤原浩と出会って、『こぼれ酒』から今回で5作目になります。今回の歌のテーマになっている大牧温泉には、僕は2回ほど行ったことがありますが、それをテーマに仁井谷先生にお願いして出来上がった作品です。藤原は艶歌を歌うのに十分な手ごたえを感じながら歌ってくれていて、安心しました。これからの藤原浩は、このような王道の演歌を歌える横綱を目指して頑張ってほしいと思います」と期待を寄せた。

 仁井谷さんは「大牧温泉は船でしか行けないので、大雨が降ったり、雪が降ったら行けません。今日は(台風なのに)渋谷で新曲発表会ができてよかったなと思います。サスペンスドラマにもよく出てきますが、皆さんも機会があったらぜひ行ってみてください。そして、この歌がヒットしますよう皆さんもどんどん歌ってください」。

藤原-浩(その3)

 徳久さんは「大牧温泉は素晴らしい場所ですので、私もぜひ行ってみたいと思っています。リオオリンピックでは『チームワーク』という言葉がよく使われましたが、歌作りもチームワークが大事でして、全員が力を合わせないといい作品ができません。これからはお客さんたちもわれわれのチームの一員ですから、ぜひ皆さんも引き続き応援してください」と話していた。

 その後、前作シングル「越前つばき」、過去のシングル作品から「ふたりの始発駅」「あなたが終着駅」「みちづれの花」「骨まで凍える女です」「こぼれ酒」、新曲のカップリング曲「裏町ひとり酒」、そしてファイナルで再度、新曲「雪舞いの宿」など全14曲を熱唱した。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる