*

■大衆演劇界のスーパースター、宝海大空が女子高生の聖地でパフォーマンス披露。新DVDを発売

公開日: : ニュース

ユニバーサルミュージックから6月22日に芸道20周年記念盤となるニューDVD「JAPANESQUE(ジャパネスク)」を発売した大衆演劇界のスーパースター、宝海大空(たかみ・おおぞら、21)が23日、東京・渋谷区のJOL原宿でパフォーマンスを披露した。

宝海大空(その1)

宝海は、1歳5カ月で宝海劇団(父親が座長)の初舞台に立ち、芝居、女形、舞踊で数々の公演を行い、2008年にニューヨーク、2011年にブルネイ王国で海外公演。小林幸子の明治座&御園座公演や映画「るろうに剣心」にも出演し、写真集まで発売。21歳という若さながら芸道20年の大衆演劇役者として人気を不動のものにしている。

 この日は、大衆演劇とはまったくフィールドの違う女子高生の聖地「JOL原宿」でパフォーマンスを披露することになったもので、同所では今年7月11日と8月8日にも行い、女子高生たちの間で人気を博し、今回が3回目。

宝海大空(その2)

 原宿で人気の男性3人組、THE LADYBIRDとのジョイントステージで、同バンドとのトークセッションで「かわいいはつくれる?モテ女子講座」をテーマに対談。

 続いて同バンドのオンステージのあと、約10面の面を次々と替えながらの「面の舞」と、シャープでスピーディーな刀裁きによる「剣の舞」という2つのタイトルの踊りを華麗に披露。最後に「各地を公演で回っていますので、また僕を見かけたらよろしくお願いします」とあいさつし、女子高生たちから拍手喝采を浴びた。

宝海大空(その3)

 宝海は「原宿でのパフォーマンスは今回で3回目ですが、ふだんの客層とは全く違うので最初は戸惑いがありました。でも新鮮で楽しく踊らせていただきました。最初は、原宿の街に少しでも馴染もうと、クレープを食べたりしましたが、おいしかったですし、この街に少しずつ馴染んできているなと思います。今日は、大勢の若い方に僕のパフォーマンスを見ていただき、すごくいい体験をさせてもらいました。(観客が)自分に年齢が近いですし、同じ世代の人たちにも大衆演劇の世界を知ってほしいですね」と話していた。

 また、今回のDVDについては「自分の歌はありませんが、自分だけのオリジナル曲で踊らせていただいていること。また、刀とお面、花魁、素踊りと、自分の見せ場はすべて入っていますので、ぜひこのDVDをたくさんの方に見ていただきたいです」とPRしていた。

 同DVDは、書き下ろしのオリジナル音源に合わせ、圧倒的な舞を披露する作品4編とスペシャルインタビュー、ドキュメント映像を収録。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる