*

■「みんかよ音楽祭」で佳山明生、梓夕子、川神あいら全10アーティストが競演

「みんかよ」の愛称で知られ、創刊15周年を迎えた演歌・歌謡曲系の月刊フリーペーパー「みんなの歌謡曲」(発行人・安松明)が主催する「みんかよ音楽祭」が8月21日、東京・豊島区の南大塚ホールで開かれ、「氷雨」の大ヒットで知られる佳山明生(65)らベテランから新人まで演歌・歌謡曲系アーティスト全10人による華やかで楽しい音楽祭が繰り広げられた。

みんかよ音楽祭(その1)

同音楽祭は、一昨年2月からスタートし、今回が7回目。毎回、多才な顔ぶれの歌手たちの歌がたっぷりと聴けるとあって、多くのファンたちの人気を博している。

 今回は、佳山をはじめ、梓夕子、野上こうじ、川神あい、JIN、竹村こずえ、橘あきら、キソン、小川夏輝、高木ちえ美の全10人が出演。

みんかよ音楽祭(その2)

 約260席の会場はそれぞれのファンたちで満席となり、司会者・ナナオと歌手・高木ちえ美が司会・進行役を務める中、佳山の「氷雨」でオープニングの幕を開け、JINが「泣かないで」、竹村が「おんな三味線ながれ節」、橘が「袋田温泉~哀愁のラブソン」、キソンが「希望のアリラン」、小川が「ただ、会いたい~母へ~」、高木が「未練でしょうか」、野上が「赤いラナンキュラス」、川神が「浮気したでしょ」、梓が「冬恋かなし」などを熱唱。

みんかよ音楽祭(その3)

 中盤のデュエットコーナーでは、佳山と梓が「麦畑」、野上と川神が「三年目の浮気」を息もぴったりにデュエット。
 そして、トリを務めた佳山は「『みんかよ音楽祭』に私は、今回で3回目の出演をさせていただきましたが、若い人たちもみんな頑張っていますので、皆さんもぜひ応援してあげてください」とあいさつし、カバー曲から斉条史朗の「夜の銀狐」、堀内孝雄の「恋唄綴り」、7月6日発売のニュー・シングルで、歌手生活44(しあわせ)周年記念曲「夢には夢を 花には花を」などを歌い、出演者全員で全40曲というバラエティーに富んだプログラムで3時間15分にわたって客席を楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる