*

■「みんかよ音楽祭」で金沢明子、朝倉由美子、津吹みゆら全11アーティストが3時間超にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれている演歌・歌謡曲の月刊フリーペーパー「みんなの歌謡曲」(発行人・安松明)が主催する「みんかよ音楽祭」が8日、東京・豊島区の南大塚ホールで開かれた。

みんかよ音楽祭(その1)

同音楽祭は、一昨年2月にスタートしてこの日が6回目。今回は、スペシャルゲストの金沢明子をはじめ、朝倉由美子、桜井はやと、キソン、関口マサト、橘あきら、津吹みゆ、平浜ひろし、松下祐子、ルナ・ケンゾー、高木ちえ美の演歌・歌謡曲系ジャンルの全11アーティストが出演。

 約260席の会場は、各アーティストたちのファンで満席の中、司会者・ナナオと歌手・高木ちえ美の司会・進行で幕を開け、出演者を代表して朝倉由美子が「皆さま、寒い中、お越しいただきまして本当にありがとうございます。いまの日本の歌謡界を代表するわれわれがここに一堂に会しました。最後までどうぞよろしくお願いいたします」とあいさつ。

みんかよ音楽祭(その2)

 その朝倉が「枯れ葉の街」、桜井が「風花の女」、キソンが「希望のアリラン」、関口が「謙信・義の心情」、橘が「伊香保挽歌」、津吹が「雨のむこうの故郷」、平浜が「いのちの漁場」、松下が「鉄輪の宿」、ルナが「誰想う」、高木が「未練でしょうか」、全員で「四季の歌」などを歌唱。

 そして、トリを務めた民謡歌手で演歌歌手・金沢明子(62)が「私が民謡界きっての超美人歌手・金沢明子です(笑)」とあいさつして笑いを誘いながら「おてもやん」をはじめ、民謡ナンバーから「会津磐梯山」「津軽甚句」「津軽じょんがら節」、40周年記念シングル「夕月の宿」、大ヒット曲「イエロー・サブマリン音頭」、それに「平成MIX東京音頭」の全7曲を元気いっぱいに披露し、ステージを盛り上げた。

みんかよ音楽祭(その3)

 出演歌手全員で全46曲というバラエティーに富んだプログラムと3時間超の長時間にわたる熱唱コンサートで最後まで満員のファンを楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる